慣れ親しむ

ニンテンドーDSの『英語漬け』終了に2週間、『もっと英語漬け』終了に4週間、計6週間ヒアリングのトレーニングをしたら、CNNで大まかに何を言っているのかや、標準的な言い回しのセリフの子供映画などは聞き取れるようになってきた。

聞き取れない場合でも、発音を聞いた時、その抑揚やリズムが聞きなれたものだと感じられるようになってきた。ある程度の練習量を重ねたことで、英語の発音に対し「慣れ親しんだ」感じを感じるようになったのだろう。

その昔C言語を勉強し始めたとき、どうしてもよくわからなかったので、hello, world を表示するプログラムを入力してはコンパイルするのを10回繰り返していたら、プログラムを書くときのこつのようなものが分かってきた。

慣れ親しむまで単純な練習を繰り返すというのは、当たり前すぎて忘れられがちだが、学習のためには欠かせない重要な技術だ。
[PR]
by tnomura9 | 2008-09-01 13:28 | 考えるということ | Comments(0)
<< ブログ用コード表示フィルタ パターン認識としてのヒアリング >>