幸福の技術

何度も言うように幸福とは「自分が幸福である」と感じることである。したがって幸福を得る技術とは自分の脳が幸福感を感じるように鍛錬することだ。

最近、認知心理学と行動療法が結びついた認知行動療法という心理療法が効果を上げているようだ。詳しいことを説明できるほど調べていないが、印象としては古来の哲学者や宗教家が経験的にやっていたことを、経験科学的にシステム化した方法のようだ。これが、神経生理学や神経解剖学、神経活動のコンピュータシミュレーションなどの知見と結びついてくれば、将来は科学的に幸福の達人となる方法が解明されるかもしれない。

そういう技術が発達すれば、神経症やうつ病の治療が効果的に行われるようになるだろう。それだけでなく、普通に生活している人でもその技法によってさらに自由な判断力や行動力、幸福感を持つことができるようになるかもしれない。しかしながら、その場合でも幸福を得る技術とはスポーツの技術と同じような性質のものとなるのではないだろうか。つまり、スキルの上達度の個人差がかなり残るということだ。

抗生物質を飲んで感染症を治療する場合、薬を服用する人の技術は必要ない。薬を飲みさえすれば病気は治ってしまう。しかし、幸福感を得るための技術は基本的に指導者によるクライアントの訓練という形になり、指導者やクライアントの技量が関係してくるのだ。

おまけに技術の向上のためには、訓練のために使う時間が必要になる。幸福の達人になるためにはほとんどの時間を心の訓練に使わなくてはならなくなるかもしれない。プロのスポーツ選手のように、プロの幸福な人が出現するかもしれないのだ。こういう人たちの役目は、心の訓練によって到達できる境地を皆に示すということになるだろう。幸福の達人でかつ科学技術に通暁しているという人もないではなかろうが、おそらく幸福の達人の知識はどうやって幸福になるかということに限定されてしまうのではないだろうか。古来の聖人とはそういう人たちであったように見える。

そうはいっても、幸福の技術が発達すれば、闇雲に不幸になる人の数は減少してくるかもしれない。国民の平均的な幸福感のレベルが上昇するかもしれない。認知行動療法の発達を大いに期待したい。

しかしながら、確かに幸福なことは良いことであるが、不幸はだめだという訳でもないのだ。芸術家の一生は不幸な人が多い。どうもその不幸な人生がかれらの創作意欲の糧になっているようにも見える。ゴッホの伝記を読んでゴッホに代わりたいと思う人は誰もいないだろう。しかし、その作品は年月を経て多くの人に感動を与え続けている。

幸福になりたいとは思うが、不幸なまま立派な仕事を成し遂げていく自由も人間は持っているのだ。
[PR]
by tnomura9 | 2005-05-22 09:04 | 幸福論 | Comments(0)
<< イワンのばか 幸福の条件 >>