慢性疲労

最近とにかく疲れる。休日に寝ても寝ても疲れがとれない。散歩をする気力もない。本を読んでも続かない。DVDを見ても面白いと思えない。はっきり言って働きすぎだ。それで、新聞とテレビを見ないようにしたら、少し疲れが取れた。世界情勢を知っても動けないくらい疲れてしまったら何にもならないというのに気がついた。教養もあったほうが良いだろうが、所詮専門家にはかなわない。生き生きした好奇心が回復するまでは、休もう、休もう、休もう...... 。

慢性疲労症候群とは要するに情報過多なのではないだろうか。脳の許容量を超えた情報を一度に詰め込もうとすると、脳がオーバーヒートを起こして故障してしまうのである。仕事を変わった友人が疲れが取れないと悩んでいたので、テレビを見ないように勧めたら、次に会ったときは随分すっきりした顔をしていて感謝された。無用の情報をシャットアウトすることが、脳の健康には大切なのかもしれない。
[PR]
by tnomura9 | 2005-05-03 20:07 | 幸福論 | Comments(0)
<< 好奇心 コヘレトの言葉 >>