ipython --pylab

ipython に --pylab コマンドラインオプションをつけて起動してみた。こうすると、次の例のように円周率の pi や linspace 関数や plot 関数や畳み込み関数の convolve など数学関連の関数がモジュール指定なしに動作しているようだ。数学の教科書を読むときに便利かもしれない。

C:\Users\******>ipython --pylab
Python 3.6.4 (v3.6.4:d48eceb, Dec 19 2017, 06:54:40) [MSC v.1900 64 bit (AMD64)]

Type 'copyright', 'credits' or 'license' for more information
IPython 6.2.1 -- An enhanced Interactive Python. Type '?' for help.
Using matplotlib backend: TkAgg

In [1]: x = linspace(0,6*pi)

In [2]: y = sin(x)

In [3]: z = sin(2*x)

In [4]: a = exp(-0.25*x)

In [5]: plot(x,y)
Out[5]: [<matplotlib.lines.Line2D at 0x2498e0042b0>]

In [6]: plot(x,z)
Out[6]: [<matplotlib.lines.Line2D at 0x2498e071668>]

In [7]: plot(x,a)
Out[7]: [<matplotlib.lines.Line2D at 0x2498e06f780>]

In [8]: plot(x,convolve(a,y)[0:50])
Out[8]: [<matplotlib.lines.Line2D at 0x2498e07ffd0>]

In [9]: plot(x,convolve(a,z)[0:50])
Out[9]: [<matplotlib.lines.Line2D at 0x2498e085a20>]

In [10]: close()

インパルス応答関数が指数関数のCR回路に正弦波を入力すると、高周波のほうが振幅が小さくなることが分かる。

上の実行例でグラフが記述できるのだが、ipython の使い方のメモということで画像は添付していません。使い方が分かるようになるためには、こういう単純な例を繰り返し実行させて手になじませる必要があるようだ。


[PR]
by tnomura9 | 2018-04-18 12:57 | Python | Comments(0)
<< XAMPP と WordPress Python によるデータ分析入門 >>