jupyter notebook

Anaconda をインストールしたら、Python の対話環境である jupyter notebook を使うことができる。これはブラウザで Python のコードを入力し、実行、保存ができるようになっている。

起動はスタートメニューから [Anaconda3 (64-bit)] - [Jupyter Notebook] を選択する。ウェブベースのアプリケーションなのでウェブサーバーが立ち上がるまでしばらく待たされるが、やがて、ウェブのページが自動的に表示される。

これはエクスプローラと操作が似ている。フォルダーの名称をクリックするとそのフォルダーが開く。新しいフォルダーはツールバーの [New] ドロップダウンリストから Folder を選ぶ。フォルダーの名称は最初 Untitled になっているが、フォルダーのチェックボックスをクリックすると、ツールバーに Rename ボタンが現れるのでそれをクリックするとフォルダーの名称変更ができる。フォルダーの削除はゴミ箱アイコンをクリックする。

Python のコードを保存したいフォルダーを開いたら、ツールボックスの [New] ドロップダウンリストをクリックし Python 3 を選択すると、新しいノートブックが表示される。ノートブックのメニューバーの Help リストの User Interface Tour を選択すると notebook の各種のコントロールの簡単な説明を見ることができる。

Notebook のコード表示エリアには最初テキストボックスが一つしか表示されていないが、そこをクリックすると Python のコードを入力することができる。まず、

print('hello, world')

と入力してリターンキーを押すと、カーソルが次の行に移動するだけでコードは実行されない。これは入力が複数行のものも作成するためである。

テキストエリアのコードを実行するにはツールバーの [Run] ボタンをクリックするか、Ctrl-Enter と入力する。コードの実行結果はテキストボックスの下に表示される。入力したコードとその実行結果はひとかたまりで「セル」と呼ばれる。Shift-Enter のショートカットでもコードを実行できるが、コードが実行された後そのセルの下に新しいセルが作成される。

このように一つの notebook には複数のセルを作成できるので、複数のスニペットを一つの notebook で管理することができる。これらのセルはファイルとして保存できる。ツールバーのフロッピーディスクアイコンをクリックするといい。ノートブックの名称変更は Jupyter タイトルの横に表示されているノートブック名をクリックすると変更できる。

ノートブックを終了するときは File メニューの Close and Halt を選択すると、自動的にノートブックのタブも消滅する。フォルダーの表示に戻ると、そこにノートブックのファイルが、.ipynb の拡張子で表示されている。ファイル名をクリックするとノートブックを再び表示させることができる。

セルには Python のコードだけではなく、マークダウンによる文書を記述することができる。セルのタイプをマークダウンに変更するには Cell メニューから [Cell Type] - [Markdown] を選択する。マークダウンで入力した後コード実行と同じように Ctrl-Enter をおすとレンダリングして表示される。再編集はセルを選択し Enter キーをおす。

Jupyter notebook を触ってみた感想は、スニペットの管理には使いやすいかなという感じだ。

ちなみに木星は Jupiter で Jupyter ではない。Google 検索で使い方を検索するときに木星の情報が出てこないので便利だ。

ノートブックの本体はファイルのチェックボックスをチェックした後、ツールバーの [Edit] ボタンをクリックすると見ることができる。驚いたことにこれは普通の JSON のテキストファイルだ。Python の対話型環境の使いやすさはもちろんだが、Web アプリケーションのお手本になるかもしれない。

参考サイト




[PR]
by tnomura9 | 2018-03-25 00:11 | Python | Comments(0)
<< Python と JSON Anaconda をインストー... >>