Google 日本語入力

Mac で Dvorak 配列で日本語入力するのに ca -> か、ci -> き、cu -> く、ce -> け、co -> こ、cya -> きゃ、cyu -> きゅ、cyo -> きょ、と変換したかったが、Mac の IME ではローマ字テーブルの編集が面倒だったので、Mac 用の Google 日本語入力をインストールした。

入力メニューの [環境設定...] - [ローマ字テーブル] - [編集] をクリックしていくとローマ字テーブルがあらわれるので上書きをして OK ボタンをクリックするとテーブルの編集ができる。

Mac については、これで Dvorak 配列のみで不満がなくなった。

この記事も Dvorak 配列で書いている。Qwerty との干渉はやはり起きてきたので、Mac は Dvorak、Windows は Qwerty と使い分けている。Dvorak 配列を練習し始めたのが11月3日だったから1週間で文章が打てるようになったことになる。1ヶ月もすれば趣味の範囲では不自由しなくなる気がする。

[PR]
by tnomura9 | 2016-11-11 00:09 | 考えるということ | Comments(0)
<< トランプ大統領 Dvorak 配列記事リスト >>