付箋に問題を書く読書法

前回の記事から読書に付箋を使う方法が面白くなってきたのでもう少しやってみる。今回やってみたのは、参考書の本文についての質問を付箋に書いて、本文の記述の答えに相当する部分に貼付ける方法だ。

使う付箋は 75mm × 12.5mm のポストイットを使った。これだと問題と言っても一行でせいぜい20文字しか書き込めない。それでも十分なのだ。じっさいにどのようにやってみたのかを説明した方が速いので『RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発』 David Thomas and David Heinemeier Hansson 著の一部分を引用する。
このコードはどこに記述すればいいでしょう? エラーメッセージを表示したいのはページの一番上なので、カタログ表示テンプレート (index.rhtml) のコードの先頭に記述できなくもありません。しかしアプリケーションの開発は続きます。すべてのページで同じようにエラーメッセージを表示できた方がいいでしょう。このアプリケーションでは、ストアの全てのページを一貫性のある形で表示するために Rails のレイアウトを使っています。フラッシュを処理するコードもレイアウト内に追加しましょう。これで、エラーの表示位置をサイドバーに変更したいと顧客から突然言われても、1つのファイルに手を加えるだけですとあの全ページの表示が更新できます。この修正を加えたストアのレイアウトコードは次のようになります。
長い例文を入力したくなかったのでこれを選んだのだが、脈絡もなくぱっと開けたページだったので、これでも十分に分かりにくい。そこで、先ほどのポストイットに「エラーメッセージをどこに表示?」と書き込んで答えをさがした。どうやら Rails のレイアウトを使っていますという箇所のようだったので、それをそこに貼った。

そうして再度文章をながめていると、最初のほうでは「エラーメッセージを表示する場所をテンプレートにするのはあまり良くない」と主張しており、また、「エラーメッセージは統一的に表示した方がいい」、「ページのレイアウトを換えてもコードの修正が簡単にできないといけない」などの理由で、エラーメッセージの表示場所をテンプレートではなくレイアウトに記述するよう勧めていることが分かる。

75mm × 12.5mm のポストイットに書き込めるような小さな質問をひとつ作るだけで、突然に全体の文章の構造が見えてきた。例文だけでなく、実際の参考書でやってみると、大体本の1ページに2つくらいの質問を書いたポストイットを貼付けるだけで、そのページに書かれている内容の構成がはっきり分かるようになる。

質問や問題を書き込んだ付箋の威力おそるべしだ。貼る前は単に文字の並んだ平面だった文書がたった2枚のポストイットを貼るだけで、突然に立体的な構成を持った町並みのように見えてくる。

結局のところ本に書かれている文章は読者の頭の中で再構成されなければ理解されないのだ。そうして、読者が文章を読んでその情報を頭の中に再構成するためのきっかけは、「なぜ?」とか「これは何?」などの質問なのだ。それを本文に貼ったおかげで、脳はポストイット周辺の情報の構成を頭の中に再構成する準備ができたのだろう。

難しい内容や分かりにくい文章を読解するときにはおすすめの方法だ。

追記

本文を読み返すときも、付箋の問を見たほうが内容を思い出しやすい。1ページの付箋の数も特にこだわらなくてよい。疑問に思ったことは何でも付箋に書き付けてとりあえず貼っておく。

付箋に書く問いは単に本文のキーワードを想起させるものよりも、内容を論理的に推測させるものの方が効果的だ。たとえば、重要項目が4つあったとき、「重要項目はいくつか?」という問いよりは、「なぜ、重要項目が4つなのか?」とか「4つの項目の間に意味の関連性はあるのか?」などというように、著者の動機を推測するような内容のものがよい。

「なぜ、これがここにあるのか?」という推理的なアブダクションの問いは、読書に限らずいろいろな場所で有効なので日頃から訓練しておく必要がある。
[PR]
by tnomura9 | 2014-03-07 22:59 | 考えるということ | Comments(0)
<< commandParsArgs 付箋紙速読法 >>