便利だった iPod touch のメモ帳

iPod touch のメモ帳のメール機能を使ってみた。

自分の Gmail アドレスに試しにメモ帳に入力した歌詞カードを送信してみた。そうしたら、Gmail の受信トレイの内容を、iPod でも、Windows 7 でも、NetWalker でも見ることができた。データの共有が、どのパソコンでも出来るようになってしまった。

良く考えてみたら、このブログは、Windows 7 や Ubuntu を入れた EeePc や、NetWalker で記事を書いている。また、同じマシンでも、その時々で、IEを使ったり、Firefox を使ったり、Chrome を使ったりしている。データをネットに置くことで、データの共有がとんでもない自由度で実現できている。

データをネットに置いている人にとってはアタリマエのことかもしれないが、正直驚いた。10年もアイディアプロセッサーの存在すら知らなかったし、本当に今までどんなコンピュータの使い方をしてきたのだろうと思った。

これで、フリック入力の練習が無駄にならずに済む。

iPod touch がオフラインのときは、メモ帳に入力し、オンラインの時にメールで送信すればいいのだ。それを、Windows や Ubuntu のパソコンで取り込めば、アイディアの整理が楽にできる。青い鳥は足元にいたのだ。

あとは、日本語文字コードを全て UTF-8 にして、Windows の改行が \n になってくれれば完璧だ。
[PR]
by tnomura9 | 2010-01-19 08:09 | NetWalker | Comments(0)
<< データ指向環境 ポケットコンピュータ >>