貝の道

北九州の弥生時代や古墳時代の遺跡の発掘で貝の腕輪が出土するらしく装飾品として珍重されていたらしいが、材料となる南海産の貝は何と沖縄で採られていたらしい。沖縄から島伝いに薩摩半島西岸に集積され、そこから九州の西岸の沖を北九州まで運ばれていたそうだ。弥生時代に1000kmもの海上の交易路を通って頻繁に船の行き来があったのだ。これを貝の道と呼ぶらしい。

九州西岸の交易路が本流だが、一部大淀川周辺の宮崎平野を中継点とし、香川県や、岡山県の瀬戸内地方に至る東の海の道も提唱されている。ただ、大隅半島を回る経路は海流の関係で航海が難しかったらしいので、西岸の貝の道に比べると流通は多くなかったようだ。むしろ薩摩半島から都城盆地を経て一旦陸路を輸送し、宮崎から瀬戸内地方へ輸送していたらしい。

大淀川周辺の宮崎平野と瀬戸内地方との交流の隆盛は、発掘される土器の種類から分かるらしい。時代が下るに連れ、発掘される土器に瀬戸内地方の土器の影響が強くなり、分布図からは瀬戸内地方から都城盆地への強い関心が推察できる。おそらくは志布志湾の貝の道の集積地を目指していたのではないかということだ。

弥生時代から宮崎平野と瀬戸内地方や沖縄との交易があり、その中心となったのが装飾品用の南海産の貝であったというのが面白い。宮崎平野を交易の中継地点としても見ることができる。

宮崎平野は姶良カルデラの大爆発による火山灰が蓄積したローム層が地下にあり、必ずしも稲作に適していたわけではないようだ。また、文明の中心である北九州にも遠く政治的にも軍事的にもそう影響力を発揮できるような地政学的な利点はない。畿内の政治勢力を征服するような力があるとも思えない。大和朝廷の時代に政治的、軍事的に活躍したという記録もない。

それにもかかわらず、日向から神武東征が行われてそれが成功したのは事実のような気がする。また、もし、邪馬台国が宮崎平野にあり邪馬台国連合の盟主でありえたことが本当だとして、多数の巨大な古墳を造営できるような富を擁する国力の秘密は一体どこにあったのだろうか。

また、大和朝廷は数多くの天皇の后を遠く離れた日向の地から迎えており、大和朝廷における日向の重要性は疑いないだろう。しかし、その理由が分からない。

宮崎平野が邪馬台国であったかどうかも含め、宮崎の数多の古墳群の謎は未だ解けておらず興味が尽きない。

本題とは別だが、在野の研究者たちの大胆な構想と比較して、考古学者たちがどのような仕事をしているかと言うのが興味があるが、次のブログの一連の記事では考古学者の視点からの考え方がわかり面白い。



[PR]
# by tnomura9 | 2017-05-07 14:03 | 話のネタ | Comments(0)

川床遺跡

邪馬台国宮崎説の弱点は遺跡からの鉄器の出土が少ないことだ。大型の古墳はたくさんあるのに、なぜか鉄器の出土は非常に少ない。

少ない中でも1986年に発掘された新富町の川床遺跡からは、円形、方形周溝墓44基、土壙墓149基で構成される集団墓で、鉄刀、鉄鏃などの鉄製品が91点副葬されていた。弥生時代後期の遺跡らしい。個々の墓の副葬品は少なく各墓で1,2個、殆どの土壙墓では鉄鏃1個が副葬されていた。また、周溝墓では鉄刀などが副葬されているが、宗教的な豪華な副葬品はない。その様式は北九州のものらしい。

発掘のレポートを読んでみたが、延々と土壙墓の計測データが書き並べられていた。素人的に言えば副葬品が鏃1個の代わり映えしない墓を延々と発掘するのは地味な仕事だなと思った。

弥生時代前期の宮崎の墳墓の発掘は少なく、発掘されたものは優れて北部九州、東九州の系統の文化らしい。

土壙墓の被葬者は兵卒なのだろうが、その墓にも鉄の鏃を副葬するほど鉄製品は行き渡っていたのかもしれない。弥生時代末期でも北部九州から遠くはなれた宮崎にも鉄器が浸透していたことを示している。

実際の考古学的な発掘調査はほんとうに地味な作業だ。その成果と邪馬台国が直接的に結びつくことはないだろう。文献から色々と思い巡らすのは楽しいが、地道な発掘調査の集積がなければただの架空の物語になってしまう。邪馬台国をめぐる論争は当分終わることはないだろう。



[PR]
# by tnomura9 | 2017-05-06 23:39 | 話のネタ | Comments(0)

狗奴国と製鉄

菊池秀夫著『邪馬台国と狗奴国と製鉄』という本では弥生時代や、古墳時代に出土した鉄器の分布を調べてある。それによると圧倒的多数が北九州、熊本、大分に集中していた。製鉄を含め鉄の使用は北部九州に集中していたようだ。

このことと、疑似倭人伝の

「女王国の以北は、其の戸数・道里を略載することが可能だが、其の他の傍国は遠く絶(へだ)たっていて、詳(つまびらか)に得ることができない。斯馬国、己百支国、伊邪国、都支国、彌奴国、 好古都国、不呼国、姐奴国、對蘇国、蘇奴国、 呼邑国、華奴蘇奴国、鬼国、爲吾国、鬼奴国、 邪馬国、躬臣国、巴利国、支惟国、烏奴国、奴国。此れが女王の境界が尽きる所である。

其の南には狗奴国がある。男子を王と為し、其の官に狗古智卑狗(くこちひく)が有る。女王に属せず。」

という記事から狗奴国の狗古智卑狗を熊本県の菊池市辺りであるとしている。阿蘇や熊本県北部に鉄器や製鉄の遺跡が多くみられるため、邪馬台国の強力なライバルであった狗奴国はこのあたりであったろうと推論してある。ただ、狗奴国を邪馬台国の南に位置付けてあるが、上の魏志倭人伝の記事は、列挙してある国名は全て邪馬台国の北部にあり、奴国がその北端で、その南に狗奴国があると読むこともできる。そうであれば邪馬台国が宮崎でも問題ない。

歴史的には奴国がそれらの国の宗主国であると考えたほうが自然だが、邪馬台国は連合国なのでそれを束ねる象徴としての卑弥呼が宮崎平野に居住していた可能性は否定できない。(ちょっと強引かもしれない。)

いずれにせよ、邪馬台国九州説の方が畿内説より自然に魏志倭人伝やその他の事情を説明できるような気がする。


[PR]
# by tnomura9 | 2017-05-06 13:25 | Comments(0)

九州王朝説

九州王朝説とは古田武彦によって提唱された、7世紀末までに九州に日本を代表する王朝があり、太宰府がその首都であったという説だ。

この王朝の版図は朝鮮半島の南部と北九州だったが、663年の白村江の戦いで唐と新羅の連合軍に敗戦してから力を失い、畿内の大和朝廷にとって変わられた。大和朝廷はこの王朝の記録を残さないため、日本書紀と古事記にこの王朝の事績を自分の王朝のものとして取り入れたという説だ。

後漢書の東夷伝に「建武中元二年(57年)、倭奴国、貢を奉じて朝賀す。使人自ら大夫と称す。倭国の極南界なり。光武賜うに印綬を以てす」という記事があり奴国を倭国の南端と記述しているが、朝鮮半島の南部にも倭国の版図があったからだろう。つまり、倭国を朝鮮半島南部と北九州からなる国だと認識していたことになる。

これは、1世紀に既に朝鮮半島と北九州を頻繁に行き来する高度な航海能力を倭国が持っていたことを示している。おそらく魏志倭人伝の奴国ではなかったのだろうか。

考古学界では認められていないようだが、最近これを支持する考古学的な発見もあるらしい。


この王朝の墳墓が前方後円墳だった。王朝が滅びると同時に朝鮮半島の前方後円墳も北九州のそれも作られなくなった。宮崎の西都原古墳の地下式横穴墓は海の民の文化を示唆するが、前方後円墳は北九州王朝のそれに起因するのだろう。邇邇藝命がこの九州王朝をルーツに持っていたと考えることもできるかもしれない。

九州王朝の大陸文化との密接な交流を見ると、文化レベルの高さを想像できる。宮崎にあってもその恩恵によくさなかったことはないだろうと思う。

魏志倭人伝によって邪馬台国を眺めたときに、文字のない原始的な社会をイメージしてしまうが果たしてそうなのだろうか。

朝鮮半島を通じた大陸の文化との頻繁な交流をしながら原始的な社会のままだったとは考えられない。卑弥呼の鬼道にしても原始的なシャーマニズムというより道教の素養のもとでの呪術だったのではないだろうか。鏡に呪術的な力があると考えるのは道教の考え方らしい。航海技術にしても原始的な社会と考えて連想するより遥かに洗練されていたのだろう。鉄の精錬技術をもち、鉄の武器を作り、絹布を織り、外洋を航海する帆船を持つような社会が未開な社会だろうか。

邪馬台国の位置を論じる場合に大陸に比べ文明が遥かに遅れていたという思い込みが妥当な推論を邪魔するのではないだろうか。

[PR]
# by tnomura9 | 2017-05-05 23:44 | 話のネタ | Comments(0)

天孫降臨

邇邇藝命は高天原から筑紫の日向の高千穂の久士布流多気(くじふるたけ)に天降ったと言われている。いわゆる天孫降臨だ。

この時邇邇藝命は「この地は韓国(からくに)に向かい、笠沙(かささ)の岬まで真の道が通じていて、朝日のよく射す国、夕日のよく照る国である。それで、ここはとても良い土地である」(「此地者 向韓國 有真之道通笠紗之御前 又此地者 朝日之直刺國 夕日之日照國也 故 此地甚吉地也」『古事記』)と言ったと古事記には書いてある。

この高千穂が高千穂町であるとすると、笠沙の岬は延岡市の愛宕山に比定できる。愛宕山は邇邇藝命が木花咲耶姫と出会った場所とされている。しかし重要なのは韓國(かんこく)に通じているという言葉だ。邇邇藝命の旅立ちの起点が北九州であることを示唆する言葉だ。邇邇藝命が宮崎に邪馬台国を開いのだとすると、邪馬台国がなぜ伊都国との外交を重視していたのかが分かる。

宮崎の邪馬台国は、魏志倭人伝の記述からは海の民の影響が強いことを示しているが、支配者のルーツは北九州なのかもしれない。しかし、邇邇藝命が邪馬台国の開祖者であれば、天照大神は卑弥呼ではありえないことになる。

宮崎県には天孫降臨の場所の候補としてこの高千穂町とは別に霧島連峰の高千穂の峰がある。しかし、これは邪馬台国が宮崎平野に進出した後、天孫降臨の場所を高千穂の峰に変更したのではないかとも考えられる。

日本書紀には邇邇藝命が崩御したとき筑紫(つくし)の日向(ひむか)の可愛之山(えのやま)の陵(みささぎ)に葬られたという記述がある。延岡市の可愛岳には古墳があり宮内庁の参考地に指定されている。西郷隆盛が軍を解散した地としても有名だ。

魏志倭人伝の邪馬台国が宮崎平野にあったとすると、もともとあった海の民の部族を北九州の勢力が征服統治したということではなかったのだろうか。


[PR]
# by tnomura9 | 2017-05-05 22:58 | 話のネタ | Comments(0)

花弁状住居

宮崎では出土するが、他の土地では見つかっていない遺跡に『花弁状住居』がある。竪穴式住居の周囲に複数の小部屋を持ったものだ。


同時期に脚部がエンタシス上に膨らんだ特徴的な『B種高坏』も発見されている。ところが、これが魏志倭人伝の次の記述ともよく当てはまっているのだ。

「家屋があり、寝床は父母兄弟は別である。身体に朱丹を塗っており、あたかも中国で用いる白粉のようである。飲食は高坏(たかつき)を用いて、手づかみで食べる。」

上のリンクの分布図をみると、花弁状住居は圧倒的に宮崎平野に分布している。邪馬台国が宮崎平野にあったという重要な傍証のような気がする。

これをみると宮崎平野の特殊性があるような気がする。北九州や畿内の文化は朝鮮半島との交流を強く感じさせるが、宮崎平野のそれは黒潮に乗って来たのではないかということだ。高度な航海術をもち、青銅器文化の影響をあまり受けていないのもそれを反映しているのではないだろうか。ただ、黒潮に乗ってきたのが大陸のどの文化だったのだろうかというのが分からないが。

邪馬台国に入れ墨の習慣があったこともそれと関係があるのかもしれない。魏志倭人伝では入れ墨の習慣について特記しているが、これは当時の中国や、朝鮮半島ではそのような習慣がなかったことを示しているのだろう。

西都原古墳には、地面に竪穴を掘り、さらにそこから横穴を掘って地中に玄室を作り被葬者を葬る『地下式横穴墓』が多く出土している。これは、日向、大隅、薩摩にまたがっているが、北限は西都原古墳群である。これも同地域の文化が北九州のそれと際立っている点だろう。

ただし、西都原古墳群の古墳から発掘された人骨については下顎のしっかりした人骨と、渡来人系の顎の細い人骨の両方が発見されているので、海の民と北方の民との交流が起こっていた可能性がある。

邪馬台国が北部大陸との交流を重視していたのは魏志倭人伝でも明らかだが、その文化には海の道の影響が色濃かったというのもまた事実だろう。


[PR]
# by tnomura9 | 2017-05-05 12:18 | 話のネタ | Comments(0)

生目古墳群

宮崎県の古墳群というと、西都市の西都原古墳群が有名だが、宮崎市内には生目古墳群がある。これは古墳時代早期では九州最大の首長墓群だ。

魏志倭人伝には「南に水行10日と陸行1月で女王の都のある邪馬台国に至る。官に伊支馬(いきま)、弥馬升(みましょう)、弥馬獲支(みまかくき)、奴佳鞮(なかてい)があり、推計7万余戸。」という記述があり、伊支馬という記述が生目という地名と対応しているように見えて興味深い。

[PR]
# by tnomura9 | 2017-05-05 02:14 | 話のネタ | Comments(0)

銅鐸と邪馬台国

まず次のサイトの銅剣と銅鐸の分布図を見て欲しい。


銅剣や銅鐸は北九州から近畿にかけて、瀬戸内海沿いに広く分布しているのが分かる。しかし、宮崎県からの出土はほとんど無い。このことが宮崎平野が多くの前方後円墳が存在するにもかかわらず邪馬台国の比定地から全く外されている理由の一つだろう。

しかし、銅鐸は3世紀に忽然と姿を消し、発見されるときも地中に埋められた状態で見つかっている。古墳の副葬品としては発見されていないのだ。つまり、銅鐸は故意にその使用を禁じられたのだと考えられる。銅鐸は宗教的な儀式に用いられたと考えられているので、何らかの外圧がなければ廃棄されるはずのものではない。何かの宗教上の異変がおこったのだ。

銅鐸の用法は長らく謎だった。というのも、古事記や日本書紀には全くその姿を表さないからだ。また、魏志倭人伝の邪馬台国の風俗に関する記述にも銅鐸については述べられていない。つまり、邪馬台国には銅鐸を神事に使うという宗教がなかったのだ。そうであれば、神武東征が邪馬台国から発したのだとすると突然の銅鐸の廃棄についても説明がつく。神武天皇が大和地方を支配したあと、古来の宗教の銅鐸は廃棄させたのだ。

したがって、先に述べた分布図で銅剣や銅鐸が発掘されていない宮崎は、それゆえに邪馬台国の重要な候補地になるといえるのではないだろうか。

[PR]
# by tnomura9 | 2017-05-05 01:43 | 話のネタ | Comments(0)

水行10日陸行1月

魏志倭人伝では邪馬台国までの距離は南に水行10日陸行1月と書いてある。しかし、起点がどこかということは文脈で読み解かないとわからない。

陸行1月というと1日に10kmという超スローペースで移動しても 300km になる。これに水行10日を加えると軽く九州から出てしまう。

水行10日がどのくらいの距離であるかは魏志倭人伝を読んでもわからないが、船型埴輪の復元船で大阪から釜山まで渡った実験では34日で到着している(伴走船による2ノットの曳航を含める)。平均速度が3ノットとすると 5.4km/h、1日7時間航海すると37.8km/ 日、10日間で約 380km となる。

したがって、水行10日と陸行1月の到達距離はほぼ同じと考えられないだろうか。つまり、水行10日陸行1月とは、船なら10日、歩けば1月という意味ではないだろうか。

そうであれば、この水行10日と陸行1月の起点を伊都国と考えるとぴったり宮崎平野になる。南にという方位も問題ない。邪馬台国が宮崎にあったのなら、わざわざ船から陸行に乗り継がなくても船でそのまま行けると考えたほうが自然だ。

大陸との交流の中心は糸島市出土の遺物や、魏志倭人伝に「帯方郡の使者の往来では常に駐在するところ」との記載があることから考えても伊都国だったと思われるので、伊都国以降の国の方位と距離は伊都国を起点にしていると考えてもいい。わざわざ邪馬台国まで足を伸ばしたとは考えにくく、邪馬台国までの距離は聞き書きだった可能性が高い。水行10日または陸行1ヶ月といってもかなりアバウトな計算なのだ。

魏志倭人伝にはわざわざ伊都国が邪馬台国の支配下にあったとの記載があるが、邪馬台国が伊都国の支配権まで手中にするためには迅速な軍の移動が欠かせない。1ヶ月もかかって進軍しないといけないとすると九州の南の端の宮崎から北九州の伊都国を傘下に収めることなどできない。神武東征が実際にあったとすると宮崎から近畿へ大量の軍隊を運ぶ水運の技術があったことになる。邪馬台国は強力な水軍を持っていたと考えると辻褄が合うのではないだろうか。西都原遺跡から出土した埴輪の船は大型で多数の漕手を持ち外洋も航行できる準構造船だ。

邪馬台国への起点を伊都国と考えれば、謎は一気に解ける気がする。

追記

西都原遺跡の古墳から出土した舟形埴輪は平成17年に復元され、重さ数トンの石棺をいかだに乗せてこの船で熊本から大阪まで34日で曳航するという実験航海を行いデータを収集した。石棺曳航時の漕行で2ノット、海流に乗った場合5ノットの速度が出たようだ。帆走も試みられている。引き船単独の走行なら平均速度3ノットは実現可能だろう。

miten 宮崎の埴輪(2)舟形埴輪

復元された船の写真は次のページで見ることができる。

古代船の復元|大王のひつぎ実験航海事業

追記その2

潮の流れは潮汐によって方向が反対方向に変わってしまうので、これを利用すれば手漕ぎの船でも行きも帰りも速度を稼ぐことができたのではないだろうか。海上保安庁のウェブサイトでは潮流のシミュレーションができる。


古代でも水行10日というのは結構な距離だったのではないだろうか。

追記その3

古墳時代以前にも日本には帆船があったらしい。魏志倭人伝で「(伊都国から)南へ水行20日で投馬国に至る。」という記述があるが、漕行20日だと外洋の真ん中になってしまうが、帆船なら沖縄に到達できる。


水行10日がどれくらいの距離であるのかは重要なポイントだと思うが、邪馬台国の議論ではあまり検討されていないように思える。


[PR]
# by tnomura9 | 2017-04-29 21:45 | 話のネタ | Comments(0)

たたらの話

宮崎市に広い平野部と大きい川と温暖な気候があり農耕に適しているとはいえ、それだけでは邪馬台国が多くの国を従える強国になるのには力が不足するだろう。

強力な武力を支える技術革新がなければならないはずだ。すなわち、製鉄の技術だ。笠置山の周辺にはたたら製鉄に使われる溶鉱炉の破片である炉辺が無数に転がっているらしい。しかし、製鉄所の遺構が発掘されたとの話は聞かない。

それは、たたら製鉄では製造した鉄を取り出すときに、炉を壊してしまうからではないだろうかとおもった。製鉄のために築いた炉を毎回壊してしまうとはどのような方法なのだろうと不思議に思って調べてみたら、日立金属のホームページのきじに「たたらの話」というのがあり詳しく説明してあった。

たたらの話

また、日立金属のトップページのスペシャルコンテンツに「たたら吹きの話」という現代のたたら製鉄の動画があり分かりやすかった。

宮崎平野にあれほどの古墳があるにも関わらず、あまり考古学の表舞台に出てこなかったのは、その後の歴史であまり重要な役割を果たしていないようにみえるからだろう。古代史とその後の歴史の間に断絶があるようにみえる。

しかし神武東征の伝説があり、それに関する史跡も残っているので、古代において宮崎平野が重要な地位にあったことは確かだろう。それにも関わらず歴史の舞台から退場してしまったように見えるのはなぜだろうか。

たとえば、神武東征の伝説も不思議な話だ。肥沃な宮崎平野を抱え、鉄器も製造していたのにどうして東征しなければならなかったのだろうか。また、その後忽然として邪馬台国が消滅してしまったのは何故なのだろうか。それは、もしかすると火山の噴火が関係しているかもしれない。邪馬台国の社会インフラが火山の噴火と火山灰の降灰によって壊滅的な打撃を受けてしまったのではないだろうか。

古代史はいろいろと想像を膨らませることができるところが面白い。

[PR]
# by tnomura9 | 2017-04-29 17:42 | 話のネタ | Comments(0)