<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

子供手当てに所得制限が必要か

今朝のテレビでも子供手当てに所得制限をつける動きが報道されていた。

しかし、これは、子ども手当に所得制限をかけるための事務費を無視した、子供っぽい考えのような気がする。子ども手当を受け取る家庭の所得をどこが調べるのだろうか。

自治体は、税務署に各家庭の所得の申告の情報提供を求めるのだろうか。これを行えば、自治体と税務署に二重の事務作業の負担が発生する。全国民についてこの調査を行うとすればその事務処理量は半端ではないだろう。

ちょっと考えれば分かることだが、子供手当ての支給に所得制限はいらない。もし、どうしても所得制限をかけたければ、所得税の納税の時の控除額から子ども手当に相当する分を差し引けばいいのだ。そうすれば、事務処理も激減する。

子供手当ての支払いの段階で所得制限を行った時の、公務員の労働時間の増加とそれに対する人件費の増加を考えれば、所得制限をかけるという作業が必ずしも節税につながらないことが分かる。

非効率な政策による血税の浪費に対しても、納税者は目を光らせる必要があるのではないだろうか。
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-28 07:39 | 話のネタ | Comments(0)

[恋愛サーキュレーション]を踊ってみた。

もういい加減にボーカロイドを卒業しないといけないのだけれど... 。いろいろな踊り手の『[恋愛サーキュレーション] を踊ってみた。』を集めてみた。

いとくとら
こずえ
馬琴(ばきんではなく、まこと)
みぃり
おしりーな
ケミーキラーのアキラ
ヨハンナとアナミミ
暴徒&はるたん

[メランコリック] を踊ってみた
こずえとマリス
馬琴&ぐり子
バク転と隼人
ちび翔とフォーゲル
ささ・れれ

[おちゃめ機能] を踊ってみた
こずえ×みりん
にあ・きなこ・ぐり子
ささ・れれ・ピンキー

[マトリョシカ] を踊ってみた
暴徒と暴徒
こげ子
スリムちゃん
ひらら×しおん
あずにゃん
アメリカ人 ソーラン節 ハレ晴レユカイ

[Bad Apple] 踊ってみた
DO@RAT × おっくん 2:18
仏壇仮面 × ただのん
しず☆ × こずえ
2mm姉弟
ぐり子 × たゆやん
暴徒 × きなこ
ただのん × きなこ

[Spring Shower] 踊ってみた。
DO@RAT × 仏壇仮面
DOF団(白・会長)
ぐり子 × たゆやん

[BREEZE] を踊ってみた。
仏壇仮面 × Saiya × 13 (オリジナル)
ただのん × みぃり × DO@RAT
3P

[トゥインクル×トゥインクル] 踊ってみた。
愛川こずえ × いとくとら

[リリリ☆バーニングナイト] 踊ってみた
こずえ
くらら
真雪

[ハロ/ハワユ] 踊ってみた
こずえ
ましろ
真雪
うんぱるんぱ


これらの動画のコメントをみると、cute (Kawaii) が大半だ。もはや japanese pop culture = cute というのが類型化しているように見えるが、次のような動画もある。

[みうめ] Jumping (KARA) を踊ってみた
[みうめ×aira*] magnet を踊ってみた

しかし、これも大きくいうと Kawaii の範疇かもしれない。セクシーなダンスはアメリカの動画を探せばいくらでもある。初音ミクや Kalafina のコンサートの成功を見ると、アメリカの視聴者がセクシーさや力強さなどの魅力に飽和状態になって、違うものを探しているような気がする。しかし、日本発の Kawaii も類型化していったらそのうちその魔力を失ってしまうかもしれない。

ニコニコ発の動画の魅力は、その多様性だ。多種の才能が自由に自分の表現を追及している。類型的なかわいさにはすぐに飽きがくるだろう。日本のポップカルチャーが世界に浸透していけるとしたら、絶対に失われてはいけないのは、表現の自由による豊かな多様性だろう。

音楽産業に関わらず、成功の方程式にこだわり多様性が忘れられていったものは衰退の兆候を示しているのかもしれない。
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-26 21:53 | ボーカロイド | Comments(0)

tryhaskell

しばらく Haskell を触っていなかったら、すっかり忘れてしまっていたので。

Try Haskell

help と入力するとインタラクティブ・チュートリアルが始まる。説明文も長くないので、英語の勉強にもなる。
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-23 08:15 | Haskell | Comments(0)

Vocaloid 3

Vocaloid 3 で韓国語の曲を歌わせたサンプルが発表されている。

[Korean Vocaloid demo song] "I = fantasy"

コメントを読むと、韓国の人には人間が歌っているように聞こえるらしい。

初音ミクで始まったボーカロイド創作の動きが、今年中に次のステージに進んでいくのは間違いないだろう。YMAHAは、ボーカロイドのソフトの販売方法を、ソフト本体と音源にわけ、ソフトの使用者がかなり自由に音源を製作できるようにしている。また、ボーカロイドのAPIも有償で公開するらしい。これも、ボーカロイドを使った二次創作を推進する配慮なのだろうか。

最初、おもちゃのような歌声しか出せなかった初音ミクが、初音ミク現象といわれるまでに大きなオープンソースの創作活動を引き起こしたのは、Cripton Futuer Media 社の、楽曲や初音ミクの肖像権についての比較的緩やかなライセンス条件が寄与していたことは間違いない。Linux のようなオープンソースの創作活動の手法が、音楽のコンテンツにも活用できることが証明できたわけだ。

このように、知的生産物を発展させていくためには、自由な開発環境が非常に大きな力を持っていることがわかる。この自由な環境を保守するために必須なのが、著作者の権利と開発の自由を同時に守るためのライセンス条項だ。ソフトウェア開発のためには、開発者や利用者の自由を守ることが不可欠だとして、著作者の権利と開発の自由を同時に保障したGNUライセンスを提示した Richard Matthew Stallman の慧眼にはいまさらながら感服させられる。

ちなみに、ここのページに Vocaloid3 の日本語のサンプルがリンクされていた。
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-20 07:27 | ボーカロイド | Comments(0)

ボーカロイド曲のライセンス

ボーカロイド曲の楽しみのひとつは2次創作、3次創作だ。原曲をもとに様々なアレンジや、プロモーションビデオのカバーが出現する。たとえば、次の曲はハチ氏のマトリョシカという曲だ。

マトリョシカ [初音ミク・GUMI] (作者: ハチ)

これにも色々なカバー曲やアレンジがある。

赤飯がマトリョシカを歌いました。 (歌: 赤飯)
穏やかな気分になるマトリョシカ歌ってみた。 
『切ないマトリョシカ』 ピアノで切なく弾いてみた。 (ピアノアレンジ: こまん)
「マトリョシカ」を弾いてみた。(ピアノアレンジ: まらしぃ

ボーカロイドの曲は、このように比較的自由に2次創作を行うことができるのが特徴で、皆でお祭り感覚で集まって作品を発展させていくことができる。これも、曲や動画の著作権が曖昧なおかげだった。このように、色々な人のアイディアが盛り込まれるうちに、従来の音楽産業には見られなかった斬新で洗練された作品が数多く現れるようになったのではないだろうか。それが、今度のロサンゼルスの初音ミクのコンサートの成功に繋がっていったのだろう。

初音ミクのコンサートの成功は、単にアニメ愛好者のお祭りだったからではなく、楽曲の力と演奏の力量によるものだったのだ。コンサートとして、映像的にも音楽的にも優れたものだったのだろう。

ボーカロイドの楽曲の質が上がり、多くのファンがついてくると商業的にも意味のあるものとなってくる。その時に重要になってくるのが著作権の問題だ。この取扱に注意しないと、この革新的なボーカロイドの創作方法を殺してしまう結果になるかもしれない。従来の著作権をボーカロイド曲に当てはめようとすると、数々の名曲を生み出した自由な創作の場を破壊してしまうかもしれないのだ。

ソフトウェアの世界ではGNUライセンスのように、創作の自由を保ちながら作成者の著作権を保護するライセンス規約がある。ボーカロイドの曲の世界でも、それに似たライセンスの例を早急に明文化しておく必要があるのではないだろうか。従来の音楽産業の著作権のシステムが入ってきて、せっかく始まった新しい創作の流儀を台無しにしないうちに、初音ミク現象で始まった自由な創作活動の場を保護する必要があると思う。
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-15 00:35 | ボーカロイド | Comments(0)

初音ミクのコマーシャルの消失

初音ミクがベーコン巻きホットドッグを屋台に買いに行き、ホットドッグの着ぐるみを来たホットドッグの店員が興奮して踊りまわるという、トヨタのCMのコメントが炎上している。

これまで、初音ミクのCMは、何故ミクをという戸惑いを示しながらも、概ね好感をもって迎えられていたのだが、ホットドッグマンの広告には厳しい批判が多い。おそらく、ホットドッグの着ぐるみが *** を連想させるからなのだろうが、トヨタには初音ミクのイメージを汚したとの激しい非難の書き込みが数多く寄せられている。

さらに、初音ミクファンの激しい非難に反応して一般の人のOTAKUやVocaloidに対する非難も書きこまれ、さらには日米の文化摩擦にまで言及されそうな勢いだった。

これに対しトヨタは沈黙を守っていたが、さすがに初音ミクのコマーシャルへのリンクを、トップページから外してしまった。TVCMに初音ミクのCMを流さなくてよかったと胸をなでおろしているだろう。

しかし、初音ミクを登用したCMはマーケティング的には大成功だったのではないだろうか。トヨタのプリウス宣伝のアクセス数が9381なのに対し、初音ミクのCMのアクセス数は124万アクセスを超え、さらに増え続けている。初音ミクの認知度はアニメ愛好家の範疇を超えて増加しているように見える。

ただし、コメントのなかに、初音ミクが一種の創作の自由の象徴としてとらえられている様子も垣間見えた。現在の音楽産業の一方通行的な在り方に疑問をもち、初音ミクの出現によって始まった、視聴者から作品が現れる動きを歓迎している人々だ。そういう人々にとって、初音ミクが自動車会社の広告塔になることには抵抗感があるようだ。また、一般の人々のOTAKUに対する警戒感も見える。OTAKUという一部の人々の文化だったものが、一般の社会に浸透していくことへの不安感だ。

初音ミクという象徴には色々な意味合いが既に附せられているようだ。トヨタはカローラのマスコットとして初音ミクを使うときには、慎重な検討が必要なのかもしれない。
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-14 13:17 | ボーカロイド | Comments(0)

Anime Expo 2011 Cosplay

ロサンゼルスのアニメ・エキスポ2011のコスプレの動画をアップロードしているチャンネル

FastMatt

コスプレのクオリティが半端ない。

もうそろそろ、AX2011から抜けださなければ ...

Danceroids の AX2011 でのパフォーマンス
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-09 17:31 | ボーカロイド | Comments(0)

ホットドッグの屋台にあらわれた初音ミク

初音ミクねたは終わりにしたつもりだったけれど... 。トヨタの初音ミクCM第5弾が出たので。

Corolla + Miku - Hotdog

ホットドッグの着ぐるみを着てベーコン巻きホットドッグの呼び込みをしている売り子の屋台に、初音ミクが ... 。

トヨタUSAの暴走はとまらない。



コマーシャルの影響で levan Polkka のアクセス数はうなぎのぼり。ねぎの振り回し(leekspin)の起源はロイツマ・ガールらしい。ロイツマ・ガールの動画と元になった『Bleach』の場面

初音ミクのロサンゼルスコンサートのハイライトシーン。
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-09 05:53 | ボーカロイド | Comments(0)

top 10 vocaloid songs

Amine Expo 2100 の Mikunopolis の熱狂ぶりがすごかったので、ちょっと思い立って、Google.com in English で top 10 vocaloid songs で検索してみたら、辿りきれないほどたくさん出てきた。全部にリンクする気力がなくなったので最初の二つだけ。

Anime Makes You Insane ... YAY!

1. Cantarella
2. Last Night, Good Night
3. World is Mine
4. SPICE!
5. Black Rock Shooter
6. Love is War
7. Magnet
8. Alice Human Sacrifice
9. KOKORO
10. Gekokujo

Oblivion Sky

0. Melt – Miku
1. magnet – Hatsune Miku,Megurine Luka
2. Paranoid Doll – Kamui Gakupo
3. From Y to Y – Hatsune Miku
4. Imitation Black – Kamui Gakupo,Kaito,Kagamine Len
5. World is Mine – Hatsune Miku
6. Paradichlorobenzene – Kagamine Len
7. Dear – Hatsune Miku
8. Dancing☆samurai – Kamui Gakupo
9. Cantarella – Kaito and Miku
10. Meltdown – Kagamine Rin

(The) World is Mine はどちらにも入っている。トヨタのCMにこれが選ばれたのもマーケティングの結果だったのだろうか。

アニメ愛好家が米国市場のニッチだったとしても、その広がりは相当広いのかもしれない。Hatsune Miku が一般的に認知されるのも時間の問題のような気がしてきた。

Anime Expo 2001 関係の記事を追いかけるのが面白くてフィーバーしてしまったが、そろそろ日常生活に戻らなければならないので、初音ミク関連の記事はこれでおしまい。
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-07 17:48 | ボーカロイド | Comments(0)

Hatsune Miku Makeup

トヨタの初音ミクコマーシャルの第4弾(初音ミクの撮影の合間のガールズトークで、ブロンドの女性がベーコン巻きホットドッグの売り子の男の子がかわいいと話すと、ミクがベーコン巻きホットドッグに気を取られて男の子のことをまったく忘れているというもの)のコメントを呼んでいたら、Michelle Phan のサイトから来たのか?というコメントがあった。

Wikipedia で調べたら、ベトナム系アメリカ人のメークアップアーチストらしい。、メークアップの仕方を Youtube にアップロードした彼女のチャンネルが、ファン投票で女性1位の人気を取ったこともあるそうだ。その彼女が、初音ミクのコスプレのやり方を動画でアップロードしていた。

本当にこのまま米国全体がみくみくにされていくのだろうか?
[PR]
by tnomura9 | 2011-07-06 13:52 | ボーカロイド | Comments(0)