「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

レアアース禁輸

中国のレアアース禁輸が解除されたらしい。

ニュースで尖閣諸島問題に関して中国のレアアースの禁輸措置が取られたという報道を聞いたときは、「やっぱり」という感想だった。以前に、レアアースの輸入の90%を中国に依存していると聞いたときは、レアアースの取引が戦略的な武器として使われるのではないかと危惧していたが、やはり、中国はそういう使い方をしてきた。

レアアースの禁輸は、中国の外交のスタイルから考えても十分あり得ることだし、企業はそれに対するリスク管理をしておくべきだったのではないかと思ったら、リスク管理は実際にできていた。日本企業は既に2年分くらいの備蓄があり、1,2年で中国以外の国からレアアースの採掘ができるよう権利の取得にも務めていたようだ。

また、レアアースを使わない高出力の電気モーターも既に数種類の方式で開発されているという。実用化も1,2年で可能らしい。また、レアアースを使わないため、コストがかなり低くなるということだ。さらに、肝腎の強磁性の磁石にしても、窒素を利用することで全くレアアースを使用しないものも開発されつつある。日本企業のリスク管理も大したものだと感心した。

話は変わるが、中国漁船の船長が処分保留のまま釈放された件について批判されているようだが、見方を変えるとあれは非常に高度な外交判断だったのではないかと思う。

船長は無条件解放されたわけではなく、処分保留なので無罪というわけではない。尖閣諸島が日本の領土であることについては全く譲歩していない。さらに、中国は首相自ら日本の領海を犯し海上保安庁の艦船にわざと衝突してきた船長の解放を強要したのに対し、日本では船長釈放は一地方検事の判断で国内法に基づいて行われており、外交問題としてすら扱われていない。

また、船長を釈放したことで、日本は外交手段として人質をとるようなことはしないことを世界に印象づけることができた。自らの国内の事業に招聘した4人の日本企業の社員を逮捕している中国とは対照的だ。

自民党が政府の外交姿勢に対して対決する姿勢を示しているが、その程度の外交感覚しかないとしたら、自民党が再び政権に返り咲くことは当分無いだろう。今の日本の安全保障で最も急務なのは中国外交ではなく、円高と産業の空洞化対策だと思う。中国外交について言えば、今回の経緯は明らかに中国の勇み足であり、日本が大人として中国の面対も考えて対応していれば自然に治まるものではないのだろうか。

中国船の船長の釈放によって、中国の強圧的な外交手法を世界に印象づけ、対中国の経済交流についてのリスク管理を徹底していけば、ことさらに強硬な外交姿勢をとるよりも遥かに有効にこの問題を解決できると思う。

同様の紛争が起きたときは、粛々と国内法で対処するべきだ。また、メディアなどを通じて紛争の経緯を透明にし中国の対応を世界に広報することが大切だ。また、尖閣諸島に以前は200人の日本人が居住していたこと、中華民国の船が難破したとき島民が救助活動を行ったことに対する中華民国からの感謝状が存在すること、中国が領有権を主張し始めたのはそれよりさらに下って海底ガス田が発見された後だったことなどを広く世界に広報していくと良い。武力ではなく道理に訴えることが大切だ。

今回の尖閣諸島問題の対応を見ていると、日本の企業も外交のエキスパートたちもなかなかの実力を示しているように思われる。心配なのは、こういう人たちに続く若者の育成が出来ているかということだ。

若者のマニュアル人間化を大人は嘆いているが、そのような子供たちを育てたのは大人たちなのだ。直接的には最高学府の大学の入学試験がそのような子供を合格させるシステムになっていることが最も大きな問題なのだ。日本の安全保障を考えたとき、最も急務なのは大学の入学試験の改革と大学が育て上げる人間像についての吟味なのではないだろうか。

第2次世界大戦で日本が負けたのは、明らかに最高位の指揮官たちの無能のせいだ。しかし、それはそのような無能な指揮官を育て上げる日本の教育や行政のシステムに問題があったとしか考えられない。日本の安全保障に必要なのは、強硬な外交姿勢ではなく、真に有能で人格的にも尊敬できる信頼のおける次の世代の若者を育て上げることではないのだろうか。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-30 07:05 | 話のネタ | Comments(0)

1日食塩摂取量

高血圧ガイドラインにあった一日の食塩摂取量の推定値を計算するプログラムをHaskellで作った。

nacl :: Float -> Float -> Float -> Float -> Float -> Float
nacl na cr age weight stature = 0.0585 * 21.98 * ((na / cr) * (prUcr age weight stature)) ** 0.392

prUcr :: Float -> Float -> Float -> Float
prUcr age weight stature = -2.04 * age + 14.89 * weight + 16.14 * stature - 2244.45

プログラムと言っても数式をそのまま記入しただけだ。Hugs で実行してみると、1日の尿中クレアチニンの排泄量の推定値は、年齢と体重と身長の3つのパラメータから決まるのが分かる。また、尿中ナトリウムの濃度と尿中クレアチニンの濃度が1:1だと、一日の食塩摂取量の推測値が3.7gくらいになるのが分かる。

Main> :l Nacl.hs
Main> prUcr 56 82 178
1735.21
Main> nacl 120 120 56 82 178
3.656425

推定値の値を計算するための複雑な計算式があると、つい敬遠しがちだが、Haskellなら計算式をそのまま入力するだけでプログラムができてしまうので便利だ。計算式がプログラムとして動いてしまうと、いろいろな実際の値を入力してみることで計算式の意味がよくわかる。

Haskellはプログラミングを知らない人に簡単なプログラム電卓として教えるのがよいような気がする。ループや分岐を利用するような複雑なプログラムを素人が使うことはあまりない。しかし、上のような計算式を他のプログラム言語で作ろうとすると、データの入出力のプログラムを作ったりなど結構面倒になってくる。Haskellだとプログラムは式をコピーするだけだし、入力は関数名と引数の値をスペースで区切って入力するだけだ。

Haskellを簡易プログラム電卓として使うと割りきってしまうと、結構Haskellを使う対象者の範囲が拡がるのではないだろうか。

おまけ

JavaScript 版一日食塩摂取量計算プログラム
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-27 03:38 | 話のネタ | Comments(0)

理解するということ

学習の際に最も大切で、最も難しいのが理解するということだ。

理解するということを一言でいうと、システムを操作することができるというだ。機械であれば適切に操作し、故障の場合は修理することができること。法律であれば案件に相当する法律の条文を引用し適用させることができること。医療であれば的確な診断ができ、治療ができることだ。

システムには全体としての目的がある。例えばテレビであれば番組を受信して影像を移すことだ。システムの全体としての目的を知るということが理解の第一歩だ。

また、システムは複数の要素からなる内部構造を持っており、それらの間の相互作用で全体としてのシステムを形作っている。これらの個々の要素の相互関係を知って、システムの動作に適切に介入できることが必要だ。テレビの例では、電源を入れ、チャンネルを選択し、画像や音声の調整ができることがそれに当たる。

さらに、システムの内部構造は、階層性を持っている。テレビの場合、単なるユーザであればリモコンの使い方が分かっていればよい。しかし、テレビを設計する人はその電子回路の構造にも精通している必要がある。

このように理解するということは、システムの働きとその内部構造を知るということだと理解できる。

ところが、理解するということには、もう一つの重要な側面がある。それは、システムの行動や内部の要素の意味を理解するということだ。

意味を理解するということは、システムの構造を理解するということと同じように見えるが、少し違う。たとえば原子力発電所の構造を理解して、適切に動作させることができて平常時はうまく運転出来ていたとしても、何かのトラブルが発生したときには、それにどのような意味があるのかということまで理解していないと適切に対応することができない。失敗データベースには、システムの意味を理解していないことによるトラブル発生の例が多数見られる。

また、システムの意味を知るということには、そのシステムを多角的な視点で眺めることができるということが含まれる。肺を呼吸器という視点から眺めるのか、血圧管理の要素と観るのかで、肺というシステムの意味が全く変わってくる。

このようにシステムの理解には、適切に操作できるだけでなく、システムをどういう視点から見てその意味付けをするかという立場も必要だ。システムの意味を知るということを分かるように説明するのは難しい。しかし、システムの運営に経験を積むにつれて、その重要性が意識されてくる。

理解することはシステムの仕組みを知ることと、その仕組の意味を知ることからなっている。後者は単なる知識というよりはアートの要素が大きいので機械的な伝達が難しいが、学習するときに常にその意味を考えるという習慣をつけておくことが大切だ。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-26 11:01 | 考えるということ | Comments(0)

フィルターとしての肺

肺は呼吸器だ。肺の毛細血管を流れる静脈血は肺胞から酸素を取り入れ、二酸化炭素を肺胞に排出する。

ところが、肺の毛細血管は人体の中でもアンギオテンシン変換酵素が集中している場所だ。血液中のアンギオテンシンIというペプチドは、アンギオテンシン変換酵素によってペプチドを切断されることによってアンギオテンシンIIというペプチドに変換され、これは血管を収縮させて血圧を上げる作用を示す。

つまり、静脈の中にある血圧を上げる物質はそのままでは作用がブロックされた状態にあり、肺を通過することによって始めて作用を発揮することができるようになる。アンギオテンシンを動脈にだけ作用させるためのうまい仕組みだ。

こう考えていくと、肺には血圧を調節するための生理活性物質を処理する酵素が集中していてもよい気がする。実際、カテコラミンを分解するMAO-Aという酵素が肺には高濃度に含まれているという。

内臓にはかならず毛細血管が存在する。血管は毛細血管に分岐することによって、その表面積が圧倒的に増大する。血液とそれを囲む細胞との接触面積が一気に増加することになる。従って、内臓はどれでも一種のフィルターとしての機能があると考えることができる。肝臓も腎臓も肺もフィルターとして一括してその機能を考えることができるのだ。

肝臓と内臓脂肪の関係は、門脈という解剖上の特殊性を考慮に入れないとその特殊性を考えることができない。しかし、逆に肝臓も腎臓も肺もフィルターとして統一して把握することによってそれらの臓器の機能に新しい見方を与えることができる。抽象化と具体例についての考察は互いに反対の方向性ではあるが、どちらも物事の本質を把握するための新しい見方を与えてくれる。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-25 23:20 | 考えるということ | Comments(2)

メタボリックシンドローム

最近内臓脂肪の蓄積するタイプの肥満に注目が集まっている。このタイプの肥満は、体表面の皮下脂肪が蓄積するタイプの肥満と違って、高血圧や糖尿病、動脈硬化などの疾患を併発しやすい。いわゆる、メタボリックシンドロームである。

内臓脂肪も皮下脂肪も脂肪組織には変わりないので、どうして内臓脂肪だけが悪いのか理解に苦しむが、現実にそうらしい。

これも、門脈と肝臓の関係を考えると説明がつくような気がする。肝臓の毛細血管(類洞)には肝動脈と門脈からの血液が混合して流れこむが、その比率は1対4くらいで門脈からの血流が圧倒的に多い。内臓脂肪から分泌されるペプチドや脂肪酸の肝臓への影響は、動脈血からの影響の4倍も強いことになる。

また、皮下脂肪の脂肪細胞からの分泌物は、静脈に放出されても肝臓に届くまでには、かなりの距離血管内を移動しなくてはいけないし、肺の毛細血管も通過しなくてはならない。血管の内皮細胞の表面にはいろいろな酵素が露出しているから、それらに処理されてしまって肝臓に届かない可能性もある。内臓脂肪からのペプチドや脂肪酸はそういった制約を受けないので肝臓に直接作用できる。

門脈という特殊な血管の走行と肝臓との関係は、普段はあまり考えないことが多いが、全身性の疾患である糖尿病やメタボリックシンドロームとも深い関わりがありそうだ。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-24 12:02 | 話のネタ | Comments(0)

神は細部に宿る

糖尿病ではインスリンの作用不足によって血糖が上昇する。

膵臓の膵島β細胞が疲弊してインスリンの分泌ができなくなると、高血糖が続くのでインスリンの皮下注射を行わなければならない。インスリンは肝臓や筋肉の細胞を刺激して血液中の糖を取り込ませるので血糖が下がってくる。このように、糖尿病はインスリンの不足に対してインスリンを補充するという単純な図式で理解できるし、実際に治療法としても有効だ。

しかし、ちょっと立ち止まって、経口的に摂取された糖分が血液の中にどうやって吸収されて、どうやって運ばれていくのかを考えてみると少し事情が異なってくる。口から入った炭水化物は、分解されて腸間膜静脈の中にグルコースとして吸収される。腸間膜静脈の中のグルコースはそのまま全身の静脈に運ばれるわけではなく、門脈という太い静脈に合流した後肝臓に運ばれる。門脈は肝臓で再び細かく分岐し、肝細胞の間を潅流する毛細血管になる。この毛細血管は再び合流して肝静脈となり下大静脈に合流して初めてグルコースは全身を巡ることになる。

つまり、腸管の静脈の中に吸収されたグルコースは一度肝臓という巨大なフィルターを通らなければ全身の循環に届くことはないのだ。糖尿病における肝臓の役割がどんなに大きいかということが分かる。

同じようなことは、膵臓から分泌されるインスリンにも言える。膵島細胞で産生されたインスリンは、膵臓の中を走る門脈の分枝の中に分泌され、門脈本幹に合流した後全て肝臓へ運ばれる。インスリンもまた肝臓という大きなフィルターを通過しなくてはならない。実際、分泌されたインスリンの半分は肝臓で消費されてしまう。

このように、静脈血を採血して調べる血糖値は、肝臓の処理を経たあとの「処理された」血糖を観測しているに過ぎないのだ。末梢の静脈血と門脈血で起きていることは別々に考えないといけない。

門脈の中に直接グルコースを注入すると5分くらいで反応性のインスリン分泌のピークが見られるが、末梢血のインスリン濃度には変化がみられない。また、このインスリン分泌は門脈のインスリンセンサーからの信号が脳を経由して膵臓の迷走神経の興奮を抑えることで、反射性にインスリンの分泌を刺激している。末梢のグルコースとは全く別の調節機構が働いている。

インスリンが血糖を下げるという一般化された考え方は誤りではないが、血糖の調節における肝臓のあまりにも重要な働きを見失わせてしまう。

抽象化された認識というものは、たとえそれが実際に有効であっても細部の重要な特徴を覆い隠してしまう可能性がある。「神は細部に宿る」ことをつねに念頭において置かなければならない。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-22 23:27 | 考えるということ | Comments(0)

白衣高血圧

普通の生活では血圧は正常なのに、病院に行くと高血圧になる人がいる。

このような人は「白衣高血圧」であるといわれるが、病院で血圧が高くても脳出血などの危険性は正常血圧の人とあまり変わりない。また、更年期になって血圧が急に上がる人がいる。このような人は血圧の変動が激しいことが特徴だ。血圧が収縮期で200mHgにまで上昇するかと思うと、何もしないのに120mmHgの正常血圧を示したりする。

このように血圧が上昇するのは交感神経の緊張が高いせいだと言われている。実際、交感神経の末端から分泌されるノルアドレナリンやアドレナリンを注射すると、血圧が強く上昇する。

ところが、普通の状態では血圧はかなり狭い範囲で安定している。これは、頚動脈洞にある圧受容器が血圧を感知して血圧調節中枢に情報を送っているからだ。血圧のコントロールについては、かなり強いフィードバックコントロールが掛かっているのだ。

フィードバックコントロールといえば、例えが古いが、昔の電気炬燵のことを考えてみるといい。ヒーターの熱が強くなって炬燵の温度が上がり過ぎると、バイメタルが高温のために変形するために接点が切れてヒーターへの電流が流れなくなり、炬燵の温度が下がる。下がり過ぎるとバイメタルが伸びて接点がつながり炬燵の温度が上がってくる。この仕組のおかげで炬燵の中の温度を一定の範囲にコントロールすることができる。

電気炬燵ではこのようにフィードバックコントロールがかかっているために、ヒーターにかける電圧を上げて温度をあげようとしても、温度は一定のままだ。温度を変更しようとするためには、センサーの設定値を変えなければならない。

そう考えてみると、ノルアドレナリンの注射で血圧が上がると言っても、単純に末梢血管の収縮が起こるせいだとばかりは言えなくなる。フィードバックコントロールのかかっているシステムでは、エフェクターを変化させるより、センサー部分の設定の変更をしたほうがエネルギー的にずっと有効だからだ。

血圧のシステムの場合、センサーの設定がどこで行われているのかは分からない。頚動脈洞の感度を変化させるのか、それとも、中枢でコントロールされるのか、また、どのような神経回路でそれが行われているのかを一般にも分かるように解説したものを見たことがない。

実際には、そのようなメカニズムのことを考えなくても、高血圧は降圧剤を飲むことで安全に下げることができる。しかし、白衣高血圧や更年期の高血圧のように処方に困る例があると、血圧システムの中身がどうなっているのか気になってくる。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-22 06:41 | 話のネタ | Comments(0)

explorer(探検家)

ネットサーフィンをしていたら、

『α型ペルオキシソーム増殖剤活性化受容体(PPARα):脂肪肝疾患との関連』 田中直樹、青山俊文著

という総説を見つけた。

PPARαという核内受容体に高脂血症の治療薬のベザフィブラートが結合すると、脂肪の酸化酵素が誘導され、血液の中性脂肪が低下する。これが一般的に説明されている、ベザフィブラートが高中性脂肪血症の治療に使われている理由だ。

ところがPPARαの活性化は、肝細胞の増殖に関連する酵素群も誘導しているらしい。したがって、長期間のPPARαの活性化は肝細胞癌を発生させる。C型肝炎ウイルスのコア抗原を導入したマウスは、脂肪肝と肝臓癌を発症するが、C型肝炎ウィルスのコア抗原を導入したPPARαノックアウトマウスでは、肝細胞の脂肪肝化も肝臓癌も発症しない。C型肝炎の発ガン作用はPPARαの持続的活性化がかなり重要らしい。

しかし、アルコール性肝炎の場合、PPARαの活性が低下しており、フィブラートで活性を高めてやると、アルコールによる肝障害を軽減することができる。

以前に慢性C型肝炎の患者が禁酒をするとかえって肝臓癌の発生率が増加するという記事を見たことがあり、不思議に思っていたが、PPARαが関与していたのかもしれない。

インターネットをぶらついているとこのような掘り出し物によく出会う。しかし、忙しい研究者が日がな一日パソコンの前に座ってブラウザを覗いているわけにもいかないだろう。あるトピックに関してインターネットや文書の情報を専門に検索する職業の人がいてもいいのではないかと思ったのだ。そういう人をexplorerと読んでもいいかもしれない。コンシェルジュという言葉もあるようだが少し意味が違う気がする。

個人でそういう explorer を雇うわけにはいかないだろうが、パソコンのソフトでそういう検索をしてくれるロボットがあったら便利だろうと思う。あったらいいなと思うものは必ず出現するようなので、いずれは出てくるだろう。いや、出てきて欲しい。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-11 13:41 | 考えるということ | Comments(0)

無限の可能性

若い人には無限の可能性があるというのは真っ赤な嘘だ。

人間の寿命は限られているのだから、一生のうちにやれることはたかが知れている。あるひとは何ということもない人生を送り、あるひとは卓越した業績をあげたとしたら、それは、自分の持っている時間をどう配分したかの違いでしかない。

勉強だってたくさんした方がいいに決まっているが、脳の受容能力や体力の問題で量は限られてくる。ところが、知識の探求にこれくらいでいいという量はないのだ。調べれば調べるほど、知っておかなければいけないことは幾何級数的に増えていく。うわべだけの知識で生活できないことはないが、本当の面白みは分からない。

聖書に「あなたがもし何かを知っていると思っていたとしたら、本当に知っていないといけない事の一部でも知ってはいない」というようなことが書いてあったと思うが、自分を物知りだと思っている人は心に止めておくべき言葉だ。

ビジネス書には速読などのように一般的な知的能力をあげる方法が述べられているが、知的能力をどれだけ上げても、知識の深みが増すわけではない。思考力とは、専門的な知識をどれだけ多く有機的に組織化させていて、必要な場面にどれだけ活用できるかということだ。頭の切れのよさなどは不要とは言わないが、それだけでは役に立たない。

自分が本当に面白いと思えることを自覚して、意識的に時間をそれに振り向けることが大切だ。盆栽の手入れをする感覚で、暇があったら剪定をしたり、水をやったり、肥料を施したりして手をかけ続けることだ。普段手入れをしている知識が多分自分のライフワークだ。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-10 07:52 | 考えるということ | Comments(0)

単純な計算

日本の人口は1億、インドの人口は10億だ。

そのインドで、韓国のLG電子の売上は2400億、サムスン電子の売上は1800億、日本のパナソニックは400億だ。

不況対策に内向きに財政出動をする前に、日本政府は考えることがあるのではないだろうか。技術立国と言うが、どのように良い製品を作っても販売力がなければ収益を上げることはできない。

日本語の特殊性から、中小企業が海外で販売活動を行うためには高い障壁がある。楽天やユニクロが社内の公用語を英語にしたのをジョークにする前に、中小企業の製品を海外へ販売するために、政府として真剣に考えることがあるのではないだろうか。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-09 07:47 | 話のネタ | Comments(0)