「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ビル・ゲイツと原子力発電

ビル・ゲイツが資本参加する原子力発電のベンチャー企業TerraPower社と東芝が技術提携するというニュースが流れた。燃料棒の交換なしに100年間発電を続けることができるという、TWRというTerraPower社の技術を応用するためだということだ。

TWRという技術がどんなものか興味がわいたので調べてみたら、東京工業大学の関根博教授の提唱するCANDLEという燃焼方式と同じものだそうだ。CANDLEについては、関根教授の日本語によるわかりやすい解説『蝋燭に灯を点せ CANDLE 原子炉の新しい燃焼法』が公開されている。

後半は数式が出てきて難しいが、前半の図解と解説を読むだけでも概要がわかる。

原子力発電は核分裂反応を利用してそのときに発生するエネルギーを利用するものだが、核分裂を起こすためにはウランの同位元素のような不安定な原子核に、減速した中性子を取り込ませる必要がある。中性子を取り込んだウランの原子は不安定さが増し、自己崩壊して核分裂を起こして他の元素に変わってしまう。そのときに大きなエネルギーが発生するのでこれを利用することができる。

また、核分裂の際に新たにウランの原子核から中性子が放出される。これが、他のウランの同位元素に吸収されると新たな核分裂が起き、核分裂反応が連鎖的に発生することになる。

この連鎖反応の段階で発生する中性子の数が増加していくと、ねずみ講式に核分裂が増えていき核爆発が起きてしまう。逆に中性子の数が次のウランの同位元素に吸収される前に消滅したり、核分裂しない安定な元素に吸収されたりして減少してしまうと、核分裂反応は止まってしまう。

原子力発電の場合は、中性子が増えも減りもしない状態で核分裂反応を維持しながら、エネルギーを取り出している。この状態を臨界という。従って、核分裂を維持させるために中性子の量を狭い範囲にコントロールするという高度な制御機構が必要となっている。また、制御に失敗して臨界を超えた場合爆発の危険性も抱えることになる。

ところが、CANDOL方式の燃焼法では、核分裂反応を棒状の燃料の一方の端からろうそくを燃やすように徐々に核分裂を行わせるというところが、以前の燃焼法との違いだ。

劣化ウランや天然ウランのように通常では核分裂が連鎖的に起きにくい燃料棒をつくり、その一端で核分裂反応を起こしてやると、その部分の核分裂で発生した中性子が、未燃焼の燃料棒の安定なウランに取り込まれ、プルトニウムを発生する。そうすると、本来は核分裂が起きなかったはずの、未燃焼の燃料棒のうち、現在核分裂反応が発生している部分に接する部分の反応性が増し、新たな核分裂を起こすことができる。

燃料棒の調整をうまくやれば、核分裂が起きやすい部分を現在核分裂がおきている部分に隣接する部分に限定することができるので、核分裂反応は燃料棒に沿って徐々に進んでいくので爆発の危険もない。

燃料棒の燃えかすを残しながら、燃料棒に沿って核分裂の燃焼が進んでいくので、ろうそくというより線香をイメージした方がわかりやすい。

これからも分かるように、CANDLEの燃焼法は一種の増殖炉だが、核燃料の製造が局所にとどまるため爆発の危険がなく、制御が非常に簡素化される。また、燃料の効率が格段に良く、ウランの40%を燃焼させることができるらしい。軽水炉の効率が3%くらいということだから、10倍以上の効率になる。

ものづくりは、材料とエネルギーが必要だが、エネルギーを安全に安価に作ることができれば製造業の根幹を押さえることができる。さすがビル・ゲイツだ。目の付けどころが違う。
[PR]
by tnomura9 | 2010-03-25 08:08 | 話のネタ | Comments(0)

パワーポイント

昨日は一日を使って、パワーポイントの講習会に出席してきた。

独学でやろうとすると参考書一冊を読み通すことはあまりないが、インストラクターの指導のおかげで7時間ほどかけて、パワーポイントのテキスト一冊分を実習することができた。知識を系統的に習得するためには、誰かに教えて貰う必要があるのを痛感した。

あらためて講習会の威力を知った結果になったが、おかげでパワーポイントの本質をつかむことができた。その本質とは、パワーポイントで作成する文書は、非常に簡単な構造のアイディアプロセッサの文書だと言うことだ。図表やグラフや動画を張り付けることができるものの、本質的には、2,3層の簡単な階層構造の箇条書きを編集しているに過ぎない。

構造が簡単なので、各スライドを統一的に記述することができるし、スライドの作成を効率的に行うことができる。記述の構造を思い切って単純化することによって、スライド作成の能率を上げることができる。反面、表現する内容をそのパターンに合わせないといけないので、あまり複雑な内容を表現することはできないのではないだろうか。

しかし、複雑な相互作用のようなものは、階層的な文章構造で表現するよりは、図解で説明する方が理解しやすいので、それでも構わないのかもしれない。

マイクロソフトの .NET にしても、このような大胆な簡素化が目立つような気がする。実務的にはそれは必要なことで、また、有用でもあるのかもしれないが、なんとなく味気ない気持ちがするのは自分だけだろうか。

知識には、職人的な独創性を要するものと、大量の定型的な情報を扱う力技を要するものと二種類あるような気がする。Apple のセンスの良さは職人気質を感じるし、マイクロソフトの大胆な単純化は実務家の腕力を感じさせられる。どちらが良いとは言えないのだろう。ケースバイケースで使い分けるもののような気がする。
[PR]
by tnomura9 | 2010-03-15 01:20 | 考えるということ | Comments(0)

ストップ!!ひばりくん!

江口寿史作 『ストップ!!ひばりくん!』 を読んだ。

きっかけは、iPod touch だ。電子書籍のリストを覗いていたら、『ストップ!!ひばりくん』という漫画のコンテンツがあった。昔、少年漫画に連載されていて美少女のヒロインが実は男だったという位の記憶はあった。読んだ記憶はなかったが、ダウンロードしたのは、何かの表紙で見たそのヒロインのファッションのハンパじゃない可愛さを覚えていたからだ。

電子書籍の第1巻を読むと、すっかり虜になってしまった。電子書籍は、発売している巻は全て購入し、さらには、最近発売された全3巻のマンガ本まで購入する始末だ。50過ぎの男が、ラブコメ漫画それも、男と男の恋愛を扱かったものに夢中になるのはちょっと恥ずかしい気がしたので、少し言い訳をしてみたい。

熊本で両親を失った高校一年生の主人公耕作が、母の知り合いの東京の家に居候することになるのだが、そこはなんとやくざの親分の家だったという設定だ。しかし、その親分には、4人の美人姉妹の娘がおり、その中でもとびきり美人の3女に耕作は一目惚れをするが、その3女のひばりは実は男だった。このひばりくんが耕作を気に入ったのか、猛烈にアタックをかけてくる。外見も中身も完璧な美少女のヒロインに惹かれながらも、男と男の恋愛になってしまうことに抵抗を感じる耕作は、ひばりの小悪魔的な行動に振り回されて散々な目にあう。この二人の主人公を軸に織り成される学園生活がこの漫画のテーマだ。

当時少年雑誌に出現し始めたラブコメをパロディ化する目的で作られた設定だが、ひばりという卓越したキャラクターが逆にスタンダードなラブコメディに変えてしまった。

ひばりは、抜群の美人で、おしゃれで、頭が良くて、スポーツ万能で、喧嘩が強く、人情家で、きっぷが良くて、色っぽくて、小悪魔的な発想もできて、そのうえ耕作一途だ。これだけのスーパーヒロインに言い寄られて落ちない男はないだろうが、ただひとつの欠点はひばりが男であるということだ。お互いにひかれあいながら、どうしても超えられない溝に翻弄される禁断の恋は、ロミオとジュリエットに見られるように恋愛劇の古典的な構図を作り出す。

一方の耕作は、普通の男だ。純朴で、真っ直で、ひばりが男であるということが学校でバレないように必死にひばりをかばいながら、酔っ払うとほろりと秘密をもらしそうになったりする。また、ひばりにふさわしい男性になりたいとボクシングを始めたり、ボクシングクラブのマネージャに心を引かれて、ひばりを怒らせたりする。

この漫画がヒロインが男だったという設定にも関わらず、ある種切ないラブストーリーになっているのは、その設定が、互いに惹かれ合う二人を絶対的に分かつ淵のような働きをするからだ。

この漫画の前半の部分は傑作だと思う。たとえば、耕作がヤクザの家に連れ込まれて、その広い座敷にひとり残され不安な気持ちで待っていると、縁側の障子がすっと開いて、美少女が立っている。その少女は耕作をみてふっと微笑したかと思うとそのままいなくなる。ひばりと耕作との運命的な出会いが、さり気なく描かれ、音楽でも聞いているような気分になる。

また、耕作がボクシング部のマネージャに好意を持ったとき、ひばりがマネージャのことを耕作が好きなのかと聞くと、ひばりが男だと思っている耕作は、素直にそうだと答える。それに抵抗しようとしたひばりが耕作に部屋から追い出され「ぼくというものがありながら」とつぶやくところも胸が痛む場面だ。

ひばりが男であるという設定は、その他にも、ひばりとボクシング部のマネージャが一緒に風呂に入ったということを知った耕作が慌てて風呂場に乗り込むというようなシチュエーションにもうまく利用されている。しかし、設定の本質的な無理から、ひばりと耕作の関係が深まれば深まるほど落とし所がなくなってしまう。著者は必然的に連載放棄に至らざるを得なかったのではないだろうか。

前半の、緊密な構成に比べて、漫画の後半はだんだん取止めがなくなっていく。作者は混乱し漫画の中に登場しはじめ、白いワニの幻覚に悩まされるようになる。これはこれで面白いのだが、ひばりくんの話としては、全3巻の1巻だけで十分だ。

同性の間の危険な恋を扱ったラブコメには、韓国のテレビドラマの『コーヒープリンス』がある。この場合は、イケメンの男だけを集めた喫茶店をつくるというオーナーのもとに、自分が女である事を隠したヒロインが就職するが、このオーナーがそのヒロインに好意をもって、少年を好きになってしまったと悩み、ヒロインはヒロインで自分が女である事がわかったら、このオーナーの元にはいられなくなるという心配で口にできず、この二人の恋愛のドタバタ劇が主題になっている。

このドラマでは、ヒロインが本当は女性であったことがわかり、メデタシメデタシとなるのだが、『ストップ!!ひばりくん!』の場合も最終的にはひばりくんが本当は女だったということにならないと落ち着かないのではなかったのだろうか。しかし、それは、逆にこの漫画の緊張感を損なうことにもつながり、結局はこの漫画は永遠に未完である必然性があるのかもしれない。
[PR]
by tnomura9 | 2010-03-13 08:02 | 話のネタ | Comments(3)

file:/// をもっと使おう

パソコンを使うとき、管理人はほとんどブラウザしか使っていない。仕事の情報の検索ならGoogleを使っているし、パソコン情報はWebで探索している。ちょっとした定型文書のようなものも、xampp をインストールしているのでフォームを作ってPHPで整形してブラウザに表示しプリントアウトしている。文書はそのままブラウザからローカルディスクにダウンロードしておけばよい。したがって、ほとんどブラウザから抜け出すことがない。

しかし、今までは file:/// で ローカルディスクのブラウズをすることはあまりなかった。ところが、時間がちょっと余ったので、気まぐれに FireFox の URL 窓に、
file:///C:/Users/
と入力してローカルファイルの検索をやってみたらこれが意外に便利なのに驚いた。

つまり、リンクをワンクリックするたびに、フォルダを移動したり、ファイルをのぞいたり、画像を表示したり、音楽を聴いたりできる。エクスプローラの場合ファイルの中身を見たいときは、アイコンをダブルクリックしないといけないがブラウザではワンクリックで表示させることができる。

ワンクリックであちこちうろうろしているうちに、フォルダの構成が見えてくる。あのアプリケーションのデータはこんな風にフォルダ内で整理されているのだなどということが分かってきた。

もちろん、ブラウザからファイルのコピーや削除はできない。しかし、ブラウジングだけを行うのでほとんどの操作がワンクリックでできてしまう。データの内容や、フォルダの構成を概観するときには非常に便利な感じがした。

ローカルディスクを活用するためのキーワードは、「検索」と「ブラウジング」だ。この「ブラウジング」のために、ブラウザの URL 窓の file:/// はかなり効果的に働いてくれる。
[PR]
by tnomura9 | 2010-03-04 18:02 | 話のネタ | Comments(0)

All in one

先日、炬燵にはいって『πとeの話―数の不思議』を読んでいた時のことだ。

腹が減ったのでカップヌードルを作ったのだがその時に iPod のキッチンタイマーのアプリを使った。本を読んでいるうちにπの近似値を分数で表現したもの (22/7) があったので、iPod の電卓アプリを使って計算した。また、ちょっと気になったので、スケジュールを iPod のカレンダーで 確認した。また、このときは使わなかったが、iPod を辞書にも使うことができる。

これくらいのことは、一般の電子辞書でもできるだろうが、iPod は胸のポケットに入れても邪魔にならない大きさだし、たいていのアプリケーションは使い方をマニュアルで覚えなくても使うことができる。それは、タッチパネルのおかげで、魔法のように iPod がそれぞれの単機能のガジェットに変身してしまうからだ。

いろいろなことができる機械の使い方を覚えるのではなく、タイマーや電卓や手帳や辞書を四次元ポケットに入れて持ち歩いていてそれを必要に応じて取り出して使っているという感じだ。この感じはパソコンのモニターにいろいろなアプリケーションのウィンドウを表示させて使っているという感じとも違う。パソコンは操作をすべてキーボードで行わなければならないが、iPod ではボタンを直接押す感じで使うことができる。

一枚の黒い板がいろいろなものに変化するという現代の魔法を感じることのできる iPod のユーザインターフェースはこれからの携帯情報機器のスタンダードになっていくのだろう。科学は進化すると魔法に似てくるのかもしれない。
[PR]
by tnomura9 | 2010-03-03 12:46 | 話のネタ | Comments(0)