<   2009年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

親指タッチタイピング その2

親指タッチタイピングを練習していて気がついたのは、アルファベットのうちのほとんどの文字が、F キーと J キーの周辺に集まっているということだ。

F キーの上下左右にR、C、D、G キーが並んでおり、左上、右上、右下、左下は、E、T、V、X キーだ。したがって、F キーを中心として9個のキーが隣接しており、アルファベット26文字のうち18文字はFキーとJキーに隣接していることになる。

隣接していないのは残り8文字だが、これは左右に分かれて左にQ、A、S、右にO、P、L、真ん中にB単独の3つのグループにわけることができる。

このグループ分けを意識するようにしてから、タッチタイプのミスが減ってきた。

グループ分けをしてから気づいたのだが、文字キーが9個ずつにグループ分けできるとすると4個のジョイスティックがあれば36文字を扱える勘定になる。

これにシフトキー3個を加えると、シフトキーの組み合わせも入れて、36×7の252種類の文字を扱える。4個のジョイスティックと3このボタンなら片手で扱えるコントローラーに収めることができる。

こんな片手入力装置があると便利だと思う。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-29 18:15 | NetWalker | Comments(4)

Youtube のHD画像

NetWalker では Youtube のHD画像が見られなかった。Youtube でカラオケの練習をしていたので少し残念だったが、次の URL で見ることができた。

http://www.youtube.com/xl

NetWalker のサイズだと番組をラジオの感覚で視聴できるのがおもしろかった。

NetWalker はズボンのポケットに入るので、ついどこへでも持っていきたくなる。しかし、親指入力にまだ慣れないので、長文の入力はつらい。ELECOM の超小型のUSBキーボードを買ってつないだら、すこし楽になった。新書判の本より少し長いくらいなので、いつも持ち歩く小さいカバンに入れておける。

どこでもコンピュータ・ライフがやってきた。

ついでに、画面の表示をポメラ化してみた。

テキストエディタのフォントを、[編集]-[設定]-[フォントと色] メニューで、「LCゴシック・Regular・20ポイント」にした。また、[表示] メニューでツールバーのチェックをはずした。最後に全画面表示にして、エディタを終了した。これで適当なUSBキーボードを外付けすればポメラ化ができる。

端末の場合も、[編集]-[プロファイルの設定] メニューでフォントを、Monospace 20 に変更した。

以上の操作で、CUIで使う限りは、そう眼の疲労を感じずに作業できる体制になった。カーソルの操作もDSのスタイラスペンを使うとoptical point を使うときよりストレスが少ない。NetWalker が少し実用的になってきた感じがする。

あとは、ふたつ折りのいいキーボードを探すだけだ。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-29 07:54 | NetWalker | Comments(0)

NerWalker で親指ブラインドタッチ

Netwalker で親指入力のブラインドタッチができないか、試してみている。NetWalkerのキーボードのホームポジションには小さな突起があるので、それを探しながら、一回キーを押すごとに、必ず両方の親指をホームポジションに戻す。そうして、できるだけ手元を見ないで入力していく。慣れてくると携帯電話のメールを入力するくらいの早さにはなった。手元を見ないで打てると目の疲れがずいぶん軽減する。親指入力は面倒だが、机がなくても入力できるので、寝転びながら使えるのが嬉しい。

文字入力の時は、gedit のフォントを、さざなみゴシックの18ポイントにして、全画面表示にして使っている。その状態で終了しておくと、次に起動したときに同じ設定で使うことができる。

親指ブラインドタッチに慣れてきたら、NeWalker をメモ帳がわりに使えるようになるかもしれない。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-28 08:30 | NetWalker | Comments(0)

NetWalker

シャープの NetWalker を衝動買いした。液晶画面が非常にきれいだ。サイズが小さいので字が読み辛いが、ターミナルエミュレータでは字の大きさを大きくできる。キーはしっかりと押さないと字が落ちることがあるので注意が必要だ。ゆっくり入力すればそのような問題はない。

GCC と Perl と Python が標準でついている。また、ls, locate, less, vi, grep, sed, awk 等のツールも一通りそろっているので、Unix のプログラミングができるのがうれしい。また、キーボードの配列もプログラムの入力を想定しているようで、たとえば、{ の入力のようなものも、Shift + Fn + O で入力するのだが、 Shift と Fn が隣り合わせに配列されているので、左手の親指で Shift + Fn を押さえて、右の親指で O を押さえると一発で入力できる。

驚いたことに w3m も最初からインストールされている。w3m のファンなので嬉しかった。

Ruby 1.9 と Gnome-Games をインストールして、Hugs をコンパイルしたが、それを含めても、使用可能なフラッシュメモリーの2.5GBのうち1.1GBしか使用しなかった。

FireFox には標準ではFlash Playerがインストールされていないが、シャープのユーザー倶楽部に入会すればインストールできる。ただ、バージョンの関係で、YouTube は表示できないものが多かった。

印象としては、Ubuntu Linux が使えるミニチュアノートパソコンという感じだ。実用的ではないかもしれないが(PDAで実用的なものをあまり見ない)、楽しい。布団に寝ころんだままでプログラミングができる稀有の製品だ。ポケットにパソコンを入れて持ち歩くことが夢だったので、大満足だ。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-24 10:43 | NetWalker | Comments(0)

通貨のシンクタンクの不在

タイの通貨危機についてネットで調べていたら、クラウディングアウトの問題が引っかかってきた。

クラウディングアウトとは、

政府支出の拡大により、金融市場での政府の資金調達が増加(国債の発行増加)が起こると、資金が逼迫し、金利の上昇をもたらすことがある。この金利上昇は、民間部門の投資抑制につながってしまい、結果的に政府支出の拡大が民間投資の圧迫につながる。このような効果をクラウディングアウトと呼ぶ。

ということで、国債発行増加 -> 流通資金の不足 -> 金利の上昇 -> 民間部門の投資抑制(貸しはがし) -> 民間企業が資金調達ができないという連鎖が起き、財政出動が結局企業の資金調達にならないという現象らしい。

フーバー大統領はこれを恐れて緊縮財政をとり大恐慌をひきおこした。ケインズ経済学は、失業が多い時は必ずしもクラウディングアウトが起きないというモデルから大規模な財政出動を行い、恐慌から脱出することが出来た。

財政政策と、金融政策の効果は、このほかにも貿易や、為替制度の問題や、投機のための意図的な為替の操作の介入(タイの通貨危機)などの要因が絡んでいて、単純な予測ができないようだ。

日本でも財政、金融問題では政府が右往左往している様子が Wikipedia には記述されている。(Wikipedia クラウディングアウトより)

日本では、1990年代に財政赤字がクラウディングアウトを起こして民間投資を減少させたという見方もあるが、日本経済は構造的に貯蓄超過の状況にあり、この間も下がり続ける金利のもとで国債は消化され続けた。むしろ90年以降の財政抑制政策は「政官民癒着」にみられるモチベーションのクラウディングアウトに関わる問題や、不況による税収不足の一方で増大する社会保障費により償還資金の手当てのための借換国債の問題などが焦点となった。

90年代には実質金利上昇をもたらすデフレがおきたことから、財政出動の不足が民間投資へ悪影響をもたらしているとの批判がなされた。この時期は金融機関の不良債権処理やBIS規制に対処するための強引な貸し渋り・貸し剥がし(信用収縮)が問題となっており、財政出動による有効需要拡大とマネーサプライ拡大(ヘリコプターマネー(インフレターゲット))を求める議会の要求が高まっていたものの、橋本政権の緊縮財政方針や小渕政権の大規模財政出動、2000年の日銀による金融緩和打ち切りなど経済政策が右往左往したこと(ストップゴー政策)、また森・小泉内閣がデフレ(需要不足による)であったにも関わらず供給側の効率性を向上させる「構造改革」(小さな政府)というマネタリスト的政策を強く打ち出したことで信用収縮は極まったとの批判がある。


これを見ると日本には財政政策に関する一貫したシンクタンクがないように見える。

経済の問題は、物理や化学と違って繰り返し実験して検証するということができない。そのため、さまざまなモデルがあってもどれが正しいのかを調べる手段がない。おまけに、仮説をもとに財政政策を行うと失敗したときの影響が非常に大きい。

しかし、大恐慌や、昭和恐慌など歴史を振り返ってみると似たような状況は繰り返し起きているように見える。ところが、数理的な問題を扱う経済学者は歴史が苦手だろうし、逆に歴史学者は数学が苦手かもしれない。また、数理モデルをコンピュータシミュレーションに落とし込むには、ITに詳しい人が必要だ。

財政の問題は専門の学際的な研究施設が必要なのではないだろうか。日本の財政政策が右往左往してその効果も合格点を与えられないのは、このような専門的な機関を活用できていないからのような気がする。

財政と金融に関する専門機関をぜひ設立するべきだ。しかし、古典経済主義とケインジアンのようにどちらが正しいと判定できないような場合が多いので、その専門機関では対立する主張をする複数のグループをつくりお互いに討論させる必要があるだろう。

変化する経済状況の中で、専門機関がたった一つの対処法しか提案できないというのははなはだ危険だからだ。

どちらにしても、日本は財政問題に専門家の頭脳を結集する機構がうまく働いていないような気がする。

政府の答弁も「借金が多いから」とか、「クラウディングアウトが起きるから」などの曖昧な根拠ではなく、「シンクタンクのシミュレーションではこうだ」などのように、判断の根拠を明示した発言がなされるべきではないのだろうか。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-22 08:08 | 話のネタ | Comments(1)

外貨準備高

最近、政府の懐具合が気になってきたので、総務省のホームページから外貨準備高を調べてみた。

外貨準備高とは、国際収支赤字の決済手段として通貨当局が保有する準備資産(各年末現在)で,金,SDR,IMFリザーブポジション及び外貨からなる。

要するに外国から借金をしたときに国として支払うことのできるお金のことだ。それが、2000年の時点では、3560億ドルだったのが毎年増えて、2009年には9541億ドルになっている。こんな国の国民がどうして「おにぎりを食べたい」と言って餓死しなければならないのだろうか。

800兆円の借金と言っても国債の大半は国内で消費されている。今にも倒産しそうな国がどうして毎年増加する外貨準備額を持つことができるのだろうか。貨幣の管理についての政府の緊縮財政の理論には間違いがないのだろうか。

不況が進行して倒産する企業が激増したら、その時こそ、国の破産を心配しなくてはならなくなるのではないだろうか。国債の発行は通常の企業の借金とは全く違うのに、企業の借金のアナロジーで国の財政を運営しているのではないか。

通貨については、ネットで検索しても分からなくなることばかりだ。だれか、一般国民にも分かりやすく説明してくれないだろうか。自分の会社が不況で青息吐息なのは、国の経済政策のせいかもしれないのに、どこをどうしてもらったらよいのかすら分からない状態だ。

国の方針が間違っているかもしれないという疑いが湧いてきたときに、頼りになるのは、専門家による納得できる分かりやすい説明だ。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-21 17:55 | 話のネタ | Comments(0)

デフレだ

ついにデフレがやってきた。子供手当を前倒しで実行するなり、福祉に力をいれるなり、公共事業を行うなり何らかの形で消費者に直接現金を届けない限り、ひどい不況がやってくる感じがする。

バブル崩壊の原因を作ったのも、その後の景気対策に失敗して失われた10年を作ったのも、財務省と日銀だ。また、海外のエコノミストからも再三インフレ政策を導入するように警告されているのに、どうして政府は方針を変えようとしないのだろう。

国債を発行して借金をするのが嫌なら、政府紙幣でもいい。また、国債も日銀が引き受けて市場に出さなければ実質の政府の借金にはならない。政府も少し昭和恐慌の勉強をして、不況を誘導しないエコノミストたちの意見をもっと取り入れるべきだ。

病気でも早い時期に手を打たないと、治療のタイミングが遅れると非常に難しくなる。このようなデフレの非常事態の兆候があるのだから、一刻もはやい対応が望まれる。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-21 06:55 | 話のネタ | Comments(0)

インフルトレンド

Googleのインフルトレンドによると新型インフルエンザのピークが過ぎたようだ。

驚くべきは、この流行の予測が、Google にアクセスした検索のうちのあるキーワードのアクセス頻度を分析することで行われているということだ。そのうえ、この予測が実際の患者数の傾向とかなり一致しているらしい。

そうであれば、インフルエンザの流行状況以外にも色々な予測ができるのではないかと考えてしまう。

少し前に日本独自の検索エンジンを立ち上げるという構想のニュースを見たことがある。Googleがあるのに、日本独自もないだろうと思っていたが、しかし、これを見ると検索サイトを立ち上げるということは、広告収入を得る以外にも戦略的に重要な意味を持っているのかもしれない。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-20 06:50 | 話のネタ | Comments(0)

労働力の流動化

ベーシックインカムが必要だと思われる産業構造の変化の一つに労働力の流動化がある。

科学技術の発展による生産力の増加のため、昨今は商品の寿命が非常に短くなってしまっている。このため、短期間に大量の需要が発生したと思ったらすぐに需要の飽和が起こってしまう。したがって、企業のほうは短期間に膨大な労働力需要が発生したと思ったら次には労働力の過剰に対応しなくてはならない。正規社員が減少し、派遣労働者が増えていったのはそのためだ。

労働力の流動化は良いことではないが、これも、ベーシックインカムで就業者の生活が基本的に保証されていれば、解雇後の生活の不安のストレスが少なくなり流動的な労働力の確保が少し楽になる。

もう一つは、グローバル化による賃金の低下傾向だ。正規社員を企業がなかなか取らない理由は、給与のほかに健康保険料や、雇用保険などの社会保険料の負担が大きいからだ。工程の自動化などで労働者一人当たりの生産量を高めても、開発途上国で生産したときの賃金より高目になってしまう。ベーシックインカムによって雇用保険の必要がなければ賃金あたりの生産性を高めることができる。

就労するほうも実際に受け取る金額は変わらないのでとくに不満はないはずだ。また、生活の保障はされているので給与の額よりも他の労働条件のほうが気になるかもしれない。ワークシェアリングで給与が下がっても勤務時間が減るほうが都合がいいかもしれない。

また、生活の困窮感がなくなるので、購買意欲が極端に減ることもなくなり、デフレや不況が起こりにくくなる。

賃金が低下するのは、生産力の増強により企業の収益力が増しているにもかかわらず、需要と供給の変動の激しさのために、給与が企業にとって固定費になってしまって、労働者への恩恵がまわらない仕組みになってきているからだ。これは、個々の企業に努力を要求するよりも国全体としての対応が必要になってくる。

つまり収益が上がる時と落ち込むときの変動のサイクルが短く、振幅が大きくなってきている。儲かっているときは法人税を払えるが、儲からなくなると給与の固定費に悩まなければならないという状況になってきているのだ。これも所得の再配分を国で調整することによって企業の運営を助けることができる。

今のシステムでこれらの産業構造の変化に対応できていれば問題ないが、対応できなくなるかもしれないという兆しが表れているのなら、早い段階で対応の選択肢を模索しておく必要がある。政治家の資質として先見性は欠くことができない。

ベーシックインカムはコストがかかりすぎるように思われるかもしれないが、所得の再配分の比率を適切に策定すれば、国内の景気の変動を安定化させ、人件費を節約し、企業の競争力を高め、社会的な安全性を高める可能性がある。

周囲を見渡しても転職や開業を経験した人は多い。終身雇用を理想として考えることは、現実の事情とは異なっているような気がする。労働力の流動化を問題だと考えず、国の産業競争力をつけるために積極的に取り入れる必要があるかもしれない。しかし、その場合はベーシックインカムによるセーフティーネットをしっかりと張っておかなければならない。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-19 11:54 | 話のネタ | Comments(0)

ベーシックインカムの意義

ベーシックインカムの話を10人にすると賛成してくれるのは一人か二人位だ。

後の8人は財源はどうするのかとか誰も働かなくなるのではないかとか懸念を示す。ベーシックインカムは所得の再配分なので、苦労して働いて得た所得を働きもしない人に分けるのは納得できない気がするだろうし、ベーシックインカムの機能がそれだけなら、現状の制度を変える必要はない。

しかし、ベーシックインカムは、働こうと思っても働くチャンスがない人に機会を与えるための重要な仕組みだと思われる。今年の高卒者の就職の内定率は30%台だという。不況とはいえ、あまりにミスマッチが大きすぎる。産業構造に何か本質的な変化が起きているのではないかという気がする。

さらに少子化と高齢化社会の問題がある。少子化の原因は子育ての費用がかかりすぎることが最も大きな理由だ。また、高齢化社会で増加する年金を誰が支えるのかという問題もある。これらのことから、戯画的に子育てと老人の介護で疲れ切った若い就労者というイメージが湧く。

ところが、一方で日本は国全体としては毎年500兆円もの所得が発生している。国全体としての富と個人の生活の豊かさの間にギャップが多すぎる。全体としては豊かなはずなのに定職が得られず、給料は上がらない。何かがシステム的におかしい。そうしてその不均衡を発生させているのが現行の社会制度であり、産業構造なのだ。

これらの矛盾の原因がどこにあるのか、経済の専門家ではない管理人には分からない。しかし、ベーシックインカム関係の資料を読むと、その制度の簡潔性と透明性が現在日本が直面している困難に解答を与えてくれるか、少なくとも違った視点から光を当ててくれるような気がする。

管理人は何が何でもベーシックインカムでなければならないと主張するつもりはないが、現在の日本の産業構造が、ベーシックインカムのような新しいシステムを適用しなければならないような変化を来しているのではないかと感じるのだ。ベーシックインカムを理想主義的なとっぴな考えだと切り捨てる前に、この制度のもつ意味と可能性について一考する必要があるのではないだろうか。
[PR]
by tnomura9 | 2009-11-19 04:37 | 話のネタ | Comments(0)