「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ボーカロイド( 148 )

826aska

「スター・ウォーズ」メドレー 【 STAR WARS 】 エレクトーン演奏

パイレーツ・オブ・カリビアン 「彼こそが海賊」 Pirates of the Caribbean エレクトーン

【ルパン三世 '78 2002バージョン】 エレクトーン演奏 Lupin the 3rd '78 2002Version

組曲「となりのトトロ」より エレクトーン演奏

【JIN -仁- Main Title】 エレクトーン演奏

【 Twilight In Upper West 】 エレクトーン演奏

スターウォーズのテーマ 生演奏 天才エレクトーン少女



演奏者は15歳の中学生の女の子。演奏の技術が天才か普通かがネットで議論されているが、聞きたいと思わせる演奏を評価したい。それにかわいいが加わって最強だ。


[PR]
by tnomura9 | 2016-12-23 15:28 | ボーカロイド | Comments(0)

極楽浄土

最近は「踊ってみた」をほとんど見なくなっていたのだけれど ....


見慣れないステップが魅力的だ。再生回数も600万回以上。


これも ....


それと、これ



[PR]
by tnomura9 | 2016-11-20 20:15 | ボーカロイド | Comments(0)

Li-sa-X

天才少女ギタリスト Li-sa-X

RACER X "Scarified" Cover / Li-sa-X (Japanese 8 year old girl)

JNB VisaデビットカードのCM

YouTube チャンネル

facebook


メタルはよくわからないが凄さは感じる。近頃の子供は頼もしい。


本家の Scarified

Paul Gilbert - Scarified


追記

弟もギターが弾ける。家族で楽しそう。



[PR]
by tnomura9 | 2016-04-01 19:13 | ボーカロイド | Comments(0)

メリッサ国吉

ブラジル出身の天才少女歌手。今は12歳になって日本で修行中。

歌いだしでぶっ飛んだ。

瀬戸の花嫁をうたうブラジル人女の子

今、ブラジルが面白い。

ステージの合間の振る舞いが性格の可愛さを感じさせる。

作曲家、鈴木淳氏に師事しているらしい。幸運も味方につけていそう。

鈴木氏のブログの特集記事が面白かった。『僕の愛した歌たち

演歌に対するイメージが変わってしまった。

正式なデビューはまだだそうだが、イベントなどでは歌っている。

お台場 2015 メリッサ クニヨシ (Melissa Kuniyosi) 7曲



[PR]
by tnomura9 | 2016-03-09 19:53 | ボーカロイド | Comments(0)

山下ヤスミン

ブラジルの天才少女歌手、山下ヤスミン


素晴らしい。10 歳の奇跡。




今年 (2016年) は12歳になった。背丈も伸びて大人っぽくなっている。医学部を目指して頑張っているらしい。両親がしっかりサポートしているのだろう。しかし、大人に成長した時の歌も聴きたい気がする。


追記

彼女の歌は明らかに指導者の力量を反映している。演歌が日本で瀕死の状態にあるのは原因があるだろう。日本の風土と歌に普遍性がないからとは言えないのではないか。ブラジル演歌という新しい風をもっと研究すべきだろう。

追記その2

7曲全曲アルバムで聴きたい時



[PR]
by tnomura9 | 2016-03-06 08:08 | ボーカロイド | Comments(0)

AyaBanbi

AyaBambi

もう十分有名らしいけど、初めて見た。キビキビしたユニークな動きもだが、シルエットが美しい。


モデルもやっているらしくファッショナブル


英語がうまい。


固定視点、フルカラー



[PR]
by tnomura9 | 2015-12-17 22:27 | ボーカロイド | Comments(0)

Angelina Jordan

ノルウェーの8歳のジャズシンガー













[PR]
by tnomura9 | 2015-10-31 19:39 | ボーカロイド | Comments(0)

mai Uru

有名な youtuber らしい。線が細いが、丁寧な歌い方で、情感もこもっている。癒される音で何度でも聞き返したくなる。

I LOVE YOU  尾崎豊 (女性が歌うI LOVE YOU)  COVER by Uru

チャンネル

mai Uru
[PR]
by tnomura9 | 2015-03-27 10:19 | ボーカロイド | Comments(2)

共鳴の中心

カラオケの練習で自分が発声するときの音を聞いていたら、音が喉の中の一点から出ているような感じがするのに気がついた。そうして、その共鳴の中心部は音が高くなるにつれて喉の上の方に移動した。

本当に移動するのか確かめたいと思って胸に手を当ててみたら、低い音の時は手のひらに振動がよく伝わるが、高い音になるにつれて振動を触れなくなった。そこで、頭の後ろに手を当ててみたら、今度は高い音になるに従って手に伝わる振動が強くなってきた。

どうやら、本当に発声の共鳴の中心は喉に沿って上下に移動するようだ。胸声、頭声というのはそういう現象の観察からできた概念なのだろうか。

そこで、高い音を出すときはこの共鳴の中心を上に持ち上げるようなイメージで声を出してみたら楽に音が出るような気がする。非常に高い音の場合は、この共鳴の中心を頭の後ろの方の喉の先端部に持っていくイメージで発声すると良いようだ。

この発声法の注意点は、できるだけ喉の力を抜くことだ。声を出すための息は腹部を歯磨きのチューブを絞り出す感じで引き締めて息を出す。また、舌根を押し下げて、あくびをするときのように喉の奥を丸く広げる。舌根が下がっているかどうかは鏡で確認できる。このときも力を入れないことが大切だ。

あまり、大きな音は出さず小さめの音のほうがいい。カラオケなんて人に聞かせるものではなくて自分が楽しく歌えるように練習すればいいだけだ。

普段の発声練習の時にどの高さの音の時に、共鳴の中心がどこにあるかをイメージしておくといい。メロディーが低音から高音に切り替わる時に、あらかじめ高音の状態をイメージできるので、喉の筋肉の緊張状態の切り替えをスムーズに行うことができる。

自分の喉を一本の管楽器と考え、その管楽器のどの位置に共鳴の中心を持っていけばいいかと考えて練習すると、声の出し方が分かりやすくなる。
[PR]
by tnomura9 | 2014-12-06 08:01 | ボーカロイド | Comments(0)

いかさん

現役女子高生。男の声で歌っているのにびっくり。女の子の声でも歌える。そう書くと色物に聞こえるが、歌唱力が半端ではない。高校生でこれだけ歌えるのかと驚いた。

いかさん - YouTube

なんか、最近の若者はすごいことになっている。
[PR]
by tnomura9 | 2014-08-27 07:50 | ボーカロイド | Comments(0)