「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:リンク( 8 )

2009年後半の記事

Tegraベースのネットブック [2009-07-01 16:23]
七手詰 [2009-07-03 08:09]
パターン認識と言語 [2009-07-04 11:20]
詰将棋と再帰性 [2009-07-08 04:19]
4ビットワンボードマイコンGMC-4 [2009-07-09 15:38]
GMC-4 の永字八法 [2009-07-12 02:12]
GMC-4 でサブルーチンを使う [2009-07-12 18:22]
GMC-4 4ビット足し算器 [2009-07-12 21:55]
GMC-4 のビット操作 [2009-07-15 13:23]
GMC-4 1ビットORプログラム [2009-07-17 07:39]
1chipMSX [2009-07-18 14:58]
内的な対話 [2009-07-23 03:14]
雑学への恐れ [2009-07-25 19:00]
五手詰 [2009-07-26 09:17]
詰め将棋とコンピュータ [2009-07-28 07:35]
記憶するのを楽しむ [2009-07-30 18:02]
Ubuntu 9.04 Netbook Remix [2009-08-02 18:30]
いまさらながらのFirefox のTips [2009-08-03 12:52]
使い捨てプログラムの作り方 [2009-08-04 19:27]
Haskell のリスト操作 [2009-08-06 07:24]
Haskell の高階関数 [2009-08-06 12:56]
Haskell の関数 [2009-08-07 06:46]
Haskell の遅延評価 [2009-08-07 12:49]
Maybe モナド [2009-08-08 11:13]
WinHugs の使い方 [2009-08-08 22:18]
Haskell の情報源 [2009-08-09 04:18]
クイックソート [2009-08-09 05:22]
直観的なプログラミング [2009-08-09 05:59]
Haskell のすすめ [2009-08-09 06:47]
Haskell の入出力 [2009-08-09 22:28]
Haskell でユーザ定義のデータ型を作る。 [2009-08-10 07:55]
Haskell のファイルの読み出し書き込み [2009-08-10 18:19]
Haskell 木で遊ぶ [2009-08-10 23:46]
Haskell 探検のおわりに [2009-08-11 00:31]
クイックソート [2009-08-11 18:12]
Haskell 99問 (1-10) [2009-08-13 00:04]
Haskell 99問 (11-20) [2009-08-13 07:40]
Haskell 99問 (21-28) [2009-08-13 07:44]
Haskell 99問 (31-41) [2009-08-14 08:13]
Haskell 99問 (46-50) [2009-08-14 08:18]
Haskell 99問 (54A-60) [2009-08-14 08:21]
Haskell 99問 (61-69) [2009-08-14 08:24]
Haskell 99問 (70B-73) [2009-08-14 08:27]
Haskell 99問 (80-89) [2009-08-14 08:30]
Haskell 99問 (90-94) [2009-08-14 08:32]
Haskell 99問 (95-99) [2009-08-14 08:42]
Haskell と式の展開 [2009-09-02 22:14]
Haskell と意味論と統語論 [2009-09-02 22:50]
Haskell によるボウリングの得点計算プログラム [2009-09-03 20:27]
差分をプログラムする [2009-09-04 07:36]
九九掛け算表 [2009-09-05 12:50]
日付の取得 [2009-09-06 16:31]
乱数発生器 [2009-09-06 21:55]
組み合わせ [2009-09-07 07:00]
勝間和代を目指さない [2009-09-08 07:43]
Haskell 関連(当面)最後の記事 [2009-09-08 12:42]
脳内マインドマップ [2009-09-09 20:34]
失敗しない Haskell の学び方 [2009-09-10 08:09]
Dun Eideann [2009-09-13 16:25]
ひつじが一匹 [2009-09-13 22:33]
国家予算 [2009-09-15 07:18]
ベーシックインカム [2009-09-16 06:59]
ベーシックインカムの財源 [2009-09-17 06:30]
求人難と求職難の併存 [2009-09-18 08:24]
ファイルの読み書き [2009-09-21 18:46]
Haskell でサインカーブを作る。 [2009-09-22 00:05]
畳み込み(convolution) [2009-09-22 18:46]
改行文字変換プログラム [2009-09-23 05:25]
Hugs でディレクトリ操作 [2009-09-23 14:41]
Hugs で対話型プログラミングの環境を作る。 [2009-09-23 15:00]
Myenv にディレクトリ操作のコマンドを作る。 [2009-09-24 05:52]
Haskell 習得のチェックリスト [2009-09-24 13:23]
費用対効果比 [2009-09-26 04:53]
Haskell による血圧のシミュレーション [2009-09-27 15:19]
Simple, simple Parsec [2009-09-27 18:01]
Parsec パーサコンビネータの意味 [2009-09-27 22:40]
Parsec - run [2009-09-28 13:17]
Parsec 連接と選択 [2009-09-28 23:57]
Parsec try [2009-09-29 06:59]
Parsec 意味論 [2009-09-29 16:08]
Parsec パターンの再帰的定義 [2009-09-29 18:50]
Parsec 文字や文字列の繰り返し [2009-09-30 06:10]
Parsec セパレータ [2009-09-30 11:38]
Parsec ユーザ定義のエラーメッセージ [2009-09-30 16:37]
Parsec 式の定義 buildExpressionParser [2009-09-30 19:00]
Parsec 字句解析プログラムジェネレータ [2009-10-01 08:24]
フィンランドの教育革命 [2009-10-05 19:21]
理解しがたいフィンランドメソッド [2009-10-09 16:48]
銀の匙 [2009-10-13 05:34]
教育を充実させれば雇用は増えるのか [2009-10-15 07:47]
データ数・平均・標準偏差 [2009-10-18 09:06]
自動車革命 [2009-10-19 07:31]
多様性 [2009-10-20 13:11]
直感と論理 [2009-10-21 07:45]
『哲学の道具箱』 [2009-10-22 06:41]
多能工ロボット [2009-10-24 07:48]
コーヒーを入れるロボット [2009-10-25 11:02]
知らざるを知らずとなす [2009-10-26 08:10]
本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) [2009-10-27 18:08]
液体燃料を使用する自動車用燃料電池 [2009-10-29 15:07]
無駄の省き方 [2009-10-30 07:32]
2世代重複型産業関連モデルにおける社会保障支出の経済効果 [2009-10-31 18:24]
Haskell でシェルコマンドを操作する [2009-11-01 12:52]
Haskell の多次元配列 [2009-11-01 23:24]
Haskell の多次元配列 range [2009-11-02 13:00]
ライフゲーム [2009-11-03 11:27]
ギャンブラーの錯覚 [2009-11-06 07:47]
ギャンブラーの錯覚は本当に錯覚か [2009-11-06 19:49]
ギャンブラーの錯覚をHaskellで実験してみた。 [2009-11-10 00:56]
行政の無駄について [2009-11-12 08:05]
認知されていないベーシックインカム [2009-11-13 08:03]
書評のブログ [2009-11-15 09:32]
なぜ政府発行の通貨が必要か [2009-11-16 13:18]
政府紙幣 [2009-11-16 17:56]
国の借金は怖くない [2009-11-17 17:35]
通貨の不思議 [2009-11-18 18:40]
首相「子供手当て」に所得制限をもうけず [2009-11-18 22:04]
ベーシックインカムの意義 [2009-11-19 04:37]
労働力の流動化 [2009-11-19 11:54]
インフルトレンド [2009-11-20 06:50]
デフレだ [2009-11-21 06:55]
外貨準備高 [2009-11-21 17:55]
通貨のシンクタンクの不在 [2009-11-22 08:08]
NetWalker [2009-11-24 10:43]
NerWalker で親指ブラインドタッチ [2009-11-28 08:30]
Youtube のHD画像 [2009-11-29 07:54]
親指タッチタイピング その2 [2009-11-29 18:15]
片手入力デバイス [2009-12-01 21:58]
どこでもコンピュータ [2009-12-02 17:55]
wgrep と wlocate [2009-12-03 08:19]
nano [2009-12-04 08:11]
mrb [2009-12-04 22:30]
NetWalker でアイディア整理 [2009-12-07 10:13]
OpenOffice.org Presentation でお絵描き [2009-12-08 21:14]
CellWriter [2009-12-08 23:07]
Impress で付箋紙整理法 [2009-12-09 13:40]
NetWalker の記事のまとめ [2009-12-10 06:17]
アルファベットの10キー割り付け案 [2009-12-10 12:56]
アルファベットの10キーへの割り付け その2 [2009-12-14 18:35]
GTK+2.0 やってみた。 [2009-12-16 17:51]
GTK+ 2.0 でウィンドウを表示する。 [2009-12-17 08:28]
コールバック関数 [2009-12-17 22:11]
Ruby/GTK2 チュートリアル [2009-12-18 00:10]
子供手当てに所得制限が必要か [2009-12-18 00:36]
ソフトウェアーキーボード 作ってみた [2009-12-19 07:28]
signal_emit [2009-12-20 17:45]
Ruby/Gtk2 でウィンドウを最前面に貼り付ける [2009-12-20 22:59]
キー入力イベントを発信させる方法 [2009-12-27 10:27]
Windows 7 搭載のノートパソコンを買った [2009-12-28 01:15]
.Net Framework [2009-12-29 10:11]
Visual C# Express Edition と MonoDevelop [2009-12-29 18:56]
SWIG [2009-12-30 03:32]
C# 練習プログラム [2009-12-30 12:19]
C#の仕様 [2009-12-30 21:45]
プログラム言語とプログラム [2009-12-31 10:45]
[PR]
by tnomura9 | 2009-08-14 18:49 | リンク | Comments(0)

2009年前半の記事

デスクトップ工場 [2009-01-01 19:17]
雇用と自己雇用 [2009-01-02 10:13]
労働の需要を作る [2009-01-06 06:55]
自己雇用者に関する実態調査 [2009-01-08 17:54]
学習法の要点 [2009-01-10 22:45]
定義と詳細のスキーマ [2009-01-12 08:22]
接続詞で分ける [2009-01-13 07:32]
目次と本文のスキーマ [2009-01-15 07:34]
助詞を活用する [2009-01-18 12:42]
下線引きでQ&Aを作る [2009-01-20 00:14]
理解するためのマーキング [2009-01-21 07:12]
枠組みで考える [2009-01-22 17:54]
主語に注目する [2009-01-26 07:19]
「人間が進化できる唯一の方法」というブログ記事 [2009-01-31 23:03]
『マッチ箱の脳』 [2009-02-03 12:49]
参考書を読みやすくする4種類のマーキング [2009-02-08 13:30]
文法を意識しながら読む [2009-02-11 11:43]
主語と述語 [2009-02-14 06:07]
記憶の種類 [2009-02-19 07:19]
昔々ある所に [2009-02-20 06:44]
アルツハイマー型認知症 [2009-02-22 21:04]
記憶を失うことのできないショウジョウバエ [2009-02-23 22:26]
アルカドリン [2009-02-26 07:46]
インド人の論理学 [2009-03-02 18:17]
推理 [2009-03-07 12:41]
大前提 [2009-03-08 11:02]
見えないものを見る [2009-03-13 05:21]
インド哲学の論理 [2009-03-15 11:14]
問答法 [2009-03-17 07:35]
インド論理学と帰納法 [2009-03-19 07:21]
龍樹 [2009-03-19 15:17]
狼と香辛料 [2009-03-20 22:38]
中論 [2009-03-22 10:23]
『中論』 時間の考察 [2009-03-22 17:18]
論理という道具 [2009-03-24 07:45]
論理の役割 [2009-03-25 07:13]
中論 原因(縁)の考察 [2009-03-26 07:30]
中観 [2009-03-26 12:07]
因果関係のパラドックス [2009-03-26 19:19]
哲学は帰納的推論だ [2009-03-28 06:40]
ループ量子重力理論 [2009-03-29 11:23]
自由連想 [2009-04-01 10:51]
思考実験 [2009-04-04 00:08]
脳のシミュレーション能力 [2009-04-04 07:21]
アキレスと亀 [2009-04-05 11:54]
抽象的思考 [2009-04-07 18:18]
戦わずして勝つ [2009-04-08 07:21]
計算術 [2009-04-09 10:58]
抽象概念 [2009-04-13 07:31]
例示 [2009-04-18 06:42]
概念のはしご [2009-04-20 08:03]
スキーマと抽象度 [2009-04-21 08:24]
ルバイヤート [2009-04-25 06:40]
本質を見つける [2009-04-26 08:29]
数学する精神 [2009-04-26 20:54]
定義 [2009-04-28 19:36]
分節作用と排中律 [2009-04-30 03:36]
2009年前半の記事 [2009-05-02 12:51]
抽象概念の習得法 [2009-05-03 17:45]
抽象概念の3要素 [2009-05-04 16:53]
同値関係 [2009-05-05 11:43]
統語論 [2009-05-10 10:22]
統語論と変換 [2009-05-14 06:43]
統語論と構造 [2009-05-18 15:47]
なぜ「痛み」は「痛い」のか [2009-05-22 11:51]
言葉の一意性について [2009-05-25 18:00]
脳の自己完結性 [2009-05-30 13:14]
認識論としての哲学 [2009-06-01 05:39]
知識の彩 [2009-06-03 05:22]
認識論の二つの視点 [2009-06-04 07:14]
言葉の本質的抽象性 [2009-06-05 07:23]
言葉の意味 [2009-06-08 05:42]
将棋と数学 [2009-06-10 17:56]
数式の意味 [2009-06-15 06:48]
みせぶら [2009-06-18 18:08]
Doll [2009-06-21 15:58]
アイディアと表現形 [2009-06-22 12:44]
思考のタイプ [2009-06-23 07:11]
直観力 [2009-06-24 07:25]
直観力その2 [2009-06-25 17:49]
動かすことによって理解する [2009-06-28 09:39]
数学の形式と意味 [2009-06-29 13:11]
統語論とパズル的思考 [2009-06-30 07:20]
[PR]
by tnomura9 | 2009-05-02 12:51 | リンク | Comments(0)

2008年6月以降の記事

ubuntu Linux をインストールした [2008-06-01 11:14]
ubuntu で無線LAN [2008-06-01 22:56]
Linux用 minirb [2008-06-02 00:41]
ubuntu でC言語のお勉強 [2008-06-02 07:11]
Wubi で dynabook にインストールできた [2008-06-02 16:16]
ubuntu に gauche をインストール [2008-06-02 16:59]
dynabook でも ubuntu で無線LANが使えた [2008-06-03 17:39]
ubuntu に XAMPP for Linux をインストールした。 [2008-06-03 22:08]
ユーザのホーム・ディレクトリの文書をApacheで送信させる [2008-06-04 06:55]
gauche [2008-06-05 12:35]
dynabook をデュアルブートマシンに [2008-06-06 19:11]
FTPクライアントのインストール [2008-06-07 12:05]
データとOSの分離 [2008-06-08 08:24]
Ubuntu と Canon MP610 [2008-06-08 18:15]
Ubuntu 8.04 LTS の注意点 [2008-06-09 08:11]
GNOME の小技 [2008-06-10 00:15]
ウェブアプリケーションの作り方 [2008-06-13 13:24]
Firefox のキーボードショートカット [2008-06-14 08:11]
Upstart [2008-06-14 21:44]
Ubuntu で端末を使う [2008-06-15 11:59]
wlocate と wgrep [2008-06-15 19:03]
Ubuntu には root のパスワードがない。 [2008-06-15 19:37]
理解度のチェック [2008-06-17 12:46]
付箋紙でメモをとる [2008-06-19 08:07]
BasKet Note Pads [2008-06-20 00:24]
Upstart の使い方 [2008-06-20 06:54]
Sound Juicer で CD を MP3 リッピング [2008-06-20 23:21]
辞書 [2008-06-22 19:32]
Ubuntu のまとめ [2008-06-22 19:58]
道具は使うためにある。 [2008-06-23 22:35]
意欲を持続させること [2008-06-25 08:34]
忘却との戦い [2008-06-27 07:15]
手入れをする [2008-06-30 08:18]
医師不足の本当の理由 [2008-07-02 00:53]
Googling for a diagnosis [2008-07-03 08:20]
医学関係の情報 [2008-07-05 07:44]
名医を探す [2008-07-06 05:21]
情報は1冊のノートにまとめなさい [2008-07-08 06:54]
バカの壁の外 [2008-07-09 08:29]
二兎を追うものは [2008-07-11 06:19]
「どこでもノート」+「思いだし書き」 [2008-07-12 07:35]
実効的な思考法 [2008-07-14 12:50]
あいまいさに耐える [2008-07-16 23:12]
シミュレーション [2008-07-21 09:48]
結晶化 [2008-07-22 01:35]
専門家 [2008-07-25 06:20]
一次資料 [2008-07-26 03:16]
英語漬け [2008-07-27 22:00]
共感覚 [2008-07-28 00:26]
知らぬは我が身ばかりなり [2008-07-29 07:53]
作るか、探すか [2008-07-30 08:15]
道具 [2008-07-31 08:22]
小さなことからコツコツと [2008-08-01 08:14]
リアルタイムのフィードバック [2008-08-02 12:08]
『英語漬け』をクリアした。 [2008-08-03 08:19]
データの保存 [2008-08-04 12:29]
情報の管理 [2008-08-05 08:22]
発想の転換 [2008-08-06 07:34]
情報を組み立てる [2008-08-07 07:54]
無理は承知 [2008-08-18 21:16]
総量を知る [2008-08-22 16:59]
音声イメージ [2008-08-23 12:03]
パターン認識としてのヒアリング [2008-08-28 12:59]
慣れ親しむ [2008-09-01 13:28]
ブログ用コード表示フィルタ [2008-09-01 19:12]
下線の引き方 その2 [2008-09-04 07:26]
「わかった」と「手慣れた」 [2008-09-06 07:41]
含意 [2008-09-08 08:04]
Ruby で表計算 [2008-09-09 01:52]
Ruby で表計算 その2 [2008-09-09 22:18]
Ruby で表計算 その3 [2008-09-10 21:31]
Rubyで表計算 その4 アミノ酸データベース [2008-09-12 00:19]
Rubyで表計算 その5 簡単データベース easydb.rb [2008-09-12 19:25]
easydb.rb について [2008-09-15 00:42]
easydb.rb で成績処理 [2008-09-15 09:20]
readline つき easydb.rb [2008-09-15 10:14]
easydb の syntax sugar [2008-09-17 06:54]
簡単データベース改訂版 easydb2.rb [2008-09-17 18:27]
プログラムを変数に入れる edit.rb [2008-09-19 21:53]
edb.rb で簡単プログラム開発 その1 [2008-09-20 06:36]
edb.rb で簡単プログラム開発 その2 [2008-09-20 07:05]
edit.rb で snippet 管理 [2008-09-21 07:48]
統計計算スニペット [2008-09-23 07:53]
車輪を二度発明しないためには [2008-09-23 09:31]
スニペット活用環境 srb [2008-09-24 01:44]
Ruby 標準ライブラリの歩き方 English.rb [2008-09-25 00:19]
Ruby をシェルとして使う snrb [2008-09-26 07:51]
集中と不安定化 [2008-09-27 00:12]
多様性 [2008-09-28 09:21]
下線の引き方 [2008-09-30 12:51]
なぜ と ならば [2008-10-02 18:40]
慣れること [2008-10-03 07:20]
scaffold が動かない!!! [2008-10-03 23:59]
考えるということ [2008-10-05 12:20]
sqlite3-ruby [2008-10-06 19:49]
sqlite-ruby for Ubuntu [2008-10-06 22:16]
SQLite Tutorial [2008-10-07 22:40]
snippet picker [2008-10-08 08:20]
sqlite3 の使い方 [2008-10-09 00:01]
郵便番号データベース [2008-10-10 06:40]
utf-8 が使えるコマンドプロンプト utf8com.rb [2008-10-11 22:58]
loop do と while true の違い。 [2008-10-12 08:26]
DRY [2008-10-12 08:55]
Ruby on Rails の README [2008-10-13 01:45]
Ruby on Rails 入門 [2008-10-13 08:39]
RoR scaffold 入門 [2008-10-13 09:40]
RoR scaffold db [2008-10-13 15:45]
RoR scaffold app/controllers [2008-10-13 17:55]
RoR scaffold app/views [2008-10-13 21:18]
RoR scaffold app/models app/helpers [2008-10-14 05:55]
RoR scaffold まとめ [2008-10-14 06:19]
RoR scaffold のアクション [2008-10-14 07:24]
RoR Rakefile [2008-10-14 21:41]
RoR app/views/layouts [2008-10-15 07:50]
RoR config/database.yml [2008-10-15 13:58]
RoR レイアウトの yield に文書を流し込める理由 [2008-10-15 21:50]
特異メソッドと特異クラス [2008-10-16 06:46]
RoR config/boot.rb [2008-10-17 00:30]
RoR config/boot.rb の構成 [2008-10-17 06:32]
RoR config/boot.rb RAILS_ROOT [2008-10-17 21:26]
代入文を関数にする理由 [2008-10-17 22:35]
RoR script/server [2008-10-18 03:14]
RoR config/boot.rb class << self [2008-10-18 18:15]
RoR config/boot.rb Boot クラス [2008-10-18 20:55]
RubyGems の調査 [2008-10-21 07:16]
RoR Rails モジュールの調査 [2008-10-21 11:33]
RoR と send [2008-10-21 23:21]
RoR config/boot.rb GemBoot クラス [2008-10-22 12:43]
RoR config/boot.rb GemBoot [2008-10-23 07:44]
tempfile を利用した edit.rb [2008-10-24 04:47]
夢をかなえるゾウ [2008-10-25 05:14]
プライムレート [2008-10-26 19:31]
面白いブログの見つけ方 [2008-10-27 13:26]
わかりやすさの秘密 [2008-10-28 07:27]
RoR script ディレクトリのスクリプト [2008-10-29 23:24]
RoR script/about [2008-10-30 01:56]
RoR commands/console.rb [2008-10-30 07:39]
optparse [2008-10-30 17:08]
optparse その2 [2008-10-31 07:27]
プログラミングは語学だ [2008-10-31 07:58]
RoR script/console で最初にすること [2008-10-31 22:06]
RoR script/console $: (require のサーチパス) [2008-11-01 05:02]
RoR Class のメソッド [2008-11-02 05:50]
Google で辞書を使う [2008-11-02 06:31]
RoR 特定のクラス固有のメソッド [2008-11-03 09:43]
RoR 2.x の scaffold を使ったウェブアプリケーションの作り方 [2008-11-03 10:40]
略語 [2008-11-05 07:14]
キーワードで考える [2008-11-08 22:21]
キーワードを考え抜く [2008-11-09 20:02]
あったらいいなと思うもの [2008-11-11 07:46]
irb でリダイレクトを使う redirect.rb [2008-11-12 19:38]
irb を shell として使う [2008-11-14 22:48]
2008年6月以降の記事 [2008-11-16 07:57]
Beautiful Code [2008-11-16 22:05]
要点 [2008-11-17 17:41]
『すごい「勉強法」』 [2008-11-18 08:03]
delegate (委譲) [2008-11-20 19:14]
道具と使い方 [2008-11-22 14:06]
なぜ [2008-11-26 23:55]
地図を見るように文書を読む [2008-11-28 07:33]
接続詞を丸で囲む [2008-11-30 18:10]
[PR]
by tnomura9 | 2008-11-16 07:57 | リンク | Comments(0)

医学関係の情報

Google が疾患の診断支援に使えるという記事を読んでから興味を持ったので、医療関係の情報を探しているが、想像以上にS/N比の良いサイトがあるようだ。

Ubuntuをインストールしている時にほとんどの問題がGooglingで解決したので、コンピュータに関してはインターネットの情報は充実しているなと感じていたが、コンピュータ関連以外についても同じことが言えるようになっているのかもしれない。

大学関係では、学生がレポートをインターネットの記事のコピペで作ってくるのが問題になって、コピペを発見するためのソフトまで開発されているようだ。インターネットが第二の脳と言えるくらい充実してきている証拠だろう。

医療関係の情報サイト

メルクマニュアル日本語版
メルクマニュアル家庭版
難病情報センター
研修医診療マニュアル
医薬品医療機器情報提供ホームページ
グラム染色道場
札幌厚生病院循環器科
[PR]
by tnomura9 | 2008-07-05 07:44 | リンク | Comments(0)

考えるということの過去記事

「考えるということ」というタグのエントリーが150を超えてしまった。同じことを二度書かないように、過去記事のうち方法論について書いたものをリストアップしてみた。

思考力を高めるための方法はないかといろいろと本を読んだり、工夫をしたりしてきた。結局のところ、それは、「オッカムの剃刀」や「アレキサンダー大王の剣」のような本質的でない余分なものを削ぎ落とす単純化、多くの事象に共通するパターンを見つけ出す抽象化、論理をどううまく使うかということ、連想力や図形の認識力や外界のモデル化のような脳の機能をどう有効利用するかというようなことなどではないかと思う。要するに、複雑な構造物をどう分析し総合していくかということで、別に何も新しいことはない。

思考力を鍛える方法というのは、現在は個人の内観に頼っているようなところがあるが、将来は脳の情報処理機能が解明され、それに従った科学的な方法が出てくるに違いない。そうなったら、認識論のような哲学の分野も、科学的な説明に置き換わっていくのではないかと思う。

何が何だ
含意
飛ぶ矢のパラドックス
論理とは何か
論理哲学論考
『論理哲学論考』を読む
語りえぬものについては、沈黙しなければならない
論理哲学論考の文番号
失敗に学ぶ
マインドマップ
生涯ノート
空のマインドマップ
質問力
思い出し書き
本の線引きは謎を残せ
あれかこれか
学習法のまとめ
対比
KISS
時間
バカの壁
三階層で考える箪笥思考法
音読の勧め
どうして太陽は東から昇るのか
シャドウイング
究極の速読術、「要するに」
「である」と「ではない」
見ずに書く
感覚に注意を払うこと
記号論
チョムスキーの生成文法
事実と意見
連想力をつける
忘れる効用
アンカーを作る
意味論、統語論、語用論
パターンマッチ
学習とは何か
括弧思考法
細部にこだわる

役に立つ知識
フィンランドメソッド
「分ける」と「あつめる」
汎用的な道具
京大式カードの再発見
主語述語読み
名前
5W1H
脳内関所
なぜ
論理
コントロールとエフェクト
抽象化
2分岐
似たものの違いを探す
連想は2変数関数であるということ
著者の意図を探す
路線図ノート法
CPUとしての短期記憶
過去との関連性で読む
書評 - 「超」読解力
考える楽しみ
弁証法
書評 - カント『純粋理性批判』入門
ブラックボックス
誤解
思考の本質
シミュレーション
学習の戦略
くり返し
[PR]
by tnomura9 | 2007-05-27 16:54 | リンク | Comments(0)

フォスファチジルイノシトール

リン脂質はグリセロールという3価のアルコールに、二つの脂肪酸と、リン酸化合物がくっついた形をしている。動物組織のフォスファチジルイノシトールの場合、グリセロールのsn-1の位置にステアリン酸、sn-2の位置にアラキドン酸、sn-3の位置にリン酸基を介してイノシトールがついている。リン酸は3価の酸なので余ったひとつの酸素は電離して負の極性を持っている。フォスファチジルイノシトールは脳の組織に特に多く、リン脂質の10%を占めるが、広く他の組織にも見られる。

親水性のリン酸化合物と疎水性の脂肪酸は反対の方向を向いているから、リン酸化合物の頭に脂肪酸の2本の足がくっついた尻尾の二つあるおたまじゃくしのような形をしている。この両親媒性のおかげで、リン脂質を水の中に入れると脂肪酸を内側に、極性基を外側に向けて、二重層の生体膜が自然に出来上がってしまう。今流行の自己組織化というやつだ。そうしてできた脂質の膜に、チャンネルや、レセプターなど、生体機能をもったたんぱく質が浮かんでいるのが、細胞膜の風景だ。

水に入れるだけで勝手に細胞膜が出来上がってしまうというのは、それだけでエキサイティングな現象だが、リン脂質の機能はそれだけにとどまらないことが最近分かってきている。

実は、膜のリン脂質は細胞の外側と内側で種類が違うのだ。フォスファチジルイノシトールは内側に多く、外側はスフィンゴミエリン、フォスファチジルコリンが多い。フォスファチジルイノシトールは内側を向いているので、細胞質の機能と関係が深い。

フォスファチジルイノシトールではイノシトールがリン酸基を介してグリセロールに結合しているが、イノシトールは炭素6個の環状構造をしており分子サイズが大きいので、細胞膜表面から突出して細胞膜のランドマーク的な働きをする。このランドマークにいろいろなたんぱく質がPHドメインを介して結合するため、フォスファチジルイノシトールはたんぱく質を膜に係留するアンカーのような働きをしているのだ。

たんぱく質を細胞膜に接着させる利点は3つある。ひとつは酵素反応の場を提供するということだ。たった一つの酵素だけは意味のある生化学反応が行われることはなく、多くの酵素による反応を経て、はじめて、生理学的に有意義な生化学反応がおこる。細胞膜に関連のたんぱく質を集合させることによってこのような反応が効率的に行われると考えられる。

第2は酵素が細胞膜の内側に接着することで、受容体を介して細胞外からの刺激を受けることができるということだ。シグナル伝達の最初の段階が細胞膜の直下で行われることは効率から言っても当然といえる。シグナル伝達系のシステムは複雑で必要以上にリン酸化のカスケードが並んでいるように思えるが、それは信号の増幅や調節に役立っている。

第3の利点は、フォスファチジルイノシトールそのものを分解することで、イノシトール3リン酸やジアシルグリセロールというセカンドメッセンジャーを作り出すことができるということだ。細胞膜そのものが原料となるので、セカンドメッセンジャーの作成は迅速に大量に行うことができる。

このように、フォスファチジルイノシトールは、たんぱく質を細胞膜に接着させるために重要な働きをしているが、それだけでなく、シグナル伝達に欠かせないことが分かってきた。フォスファチジルイノシトールがシグナル伝達に関係する様式は三つある。

ひとつはPLCによってPIP3がPI3とDAG(ジアシルグリセロール)という2つのセカンドメッセンジャーに分解されることによってシグナル伝達を促進するということである。PI3は小胞体のPI3受容体に結合することによって、多様な反応のセカンドメッセンジャーとなるカルシウムイオンを爆発的に放出させる。また、DAGはPKCを活性化させシグナル伝達を促進する。

もうひとつはPI3キナーゼを介する経路で、リガンドと結合した受容体で活性化されたPI3キナーゼによってPIP2(フォスファチジルイノシトール-4,5-2リン酸)がリン酸化されてPIP3(フォスファチジルイノシトール-3,4,5-3リン酸)になると、これがAktと結合してAktを活性化しがん細胞の増殖を促進する。また、PTEN蛋白はPI3キナーゼとは逆に、PIP3のリン酸基をひとつ取り去ってPIP2に変化させ、Aktが細胞膜に接着するのを防ぎ、癌の増殖を抑制する。

三つ目は、フォスフォリパーゼA2によってフォスファチジルイノシトールからアラキドン酸が遊離されると、それを元に、生理活性のあるプロスタグランディントロンボキサンロイコトリエンなどのエイコサノイドが作られる経路だ。

細胞のシグナル伝達すべてにフォスファチジルイノシトールが独占的に関与しているわけではないだろうが、シグナル伝達を理解するうえでPIP3が重要なターゲットであることは疑いない。
[PR]
by tnomura9 | 2006-11-16 08:04 | リンク | Comments(0)

IP3受容体

IP3受容体が面白い。

IP3とはイノシトール3リン酸のことだが、IP3が小胞体膜のIP3受容体に結合すると、一気に小胞体内のカルシウムが細胞質に放出されて、筋肉収縮、分泌、細胞増殖、発生のコントロール、転写、シナプス可塑性など、多彩な細胞機能が活性化される。

IP3受容体は約2,700アミノ酸からなり、分子量30万を超えるサブユニットの4量体として、小胞体上に存在し、カルシウム放出チャンネルとして機能する。また、カルシウムイオン、ATPをはじめとするさまざまな化学物質による動作の制御を受けるため、小胞体からのカルシウムイオンの放出は、ウェーブ/オシレーション、スパークなどの時間的・空間的パターンをとり、平滑筋のように、そのパターンによって動作が異なるものもある。

IP3受容体は、分子構造と機能の関連が次々に明らかにされており、それを見ると、つくづく生物の体というのは分子機械なのだなと思う。機械という意味は、形が機能を決定するという意味だ。アミノ酸の側鎖のリン酸化や脱リン酸化でたんぱく質の3次構造が変わって活性中心が露出することによって触媒機能が発現するところなどは、化学反応というよりは、機械のメカニズムを連想させる。

分子機械が普通の機械と違うところは、その部品の形が、たんぱく質の一次構造によって自動的に決定することだ。部品をプレスしたり削ったりしなくても、アミノ酸をつないでやりさえすればひとりでに部品の形が決定される。工作機械が全く要らないのだ。将来はアミノ酸のシークエンスを人工的に設計して、分子ロボットや、分子アクチュエータが作れるようになるのかも知れない。

また、これだけ分子機械が巧妙にできているのを見ると、これが、ポイントミューテーションのような偶然の力で作られたとは思えなくなる。進化が自然淘汰で起こったと考えるよりも、なにか、このような分子機械を改良し、それを次世代に伝えるための未発見の仕組みがあるのではないだろうかという気さえしてくるのだ。

イノシトール(Wikipedia)
細胞内カルシウムチャンネルのホットスポット構造
アービット
IP3受容体チャンネルの構造
平滑筋とカルシウムイオン
P3受容体蛋白のAFM観察
カルモジュリン
カルシウムイオンウェーブとIP3受容体のイメージング
生物の背と腹をわけるメカニズム
カルシウムシグナル伝達の可視化
カルシウムシグナル
小脳形成に秩序をもたらす分子たち
神経成長におけるIP3受容体の役割
P3受容体と外分泌機能
カルシウイオンダイナミクスと細胞モデル
IP3受容体のmRNAの樹状突起への輸送
血管とカルシウム
カルシウムポンプたんぱく質の立体構造
カルシウムポンプたんぱく質のゲートの開閉機構
カルシウムと私(トロポニンの発見者 江橋節郎教授の随筆)
[PR]
by tnomura9 | 2006-09-23 14:13 | リンク | Comments(2)

インスリンレセプター

インスリンレセプターのリンク集

GLUT4のトランスロケーション機構
http://www.diabetes.h.u-tokyo.ac.jp/diabetes/keyword/b04.html

運動による糖輸送体発現増加機序の研究
http://www.nih.go.jp/eiken/chosa/kiban_miura.html

GLUT4 と AMPK
http://www.kyorin-igakukai.com/book/backnumber/No.34/34-3j.files/34-3-03j.pdf#search=%22GLUT4%22

AMP-Activated Protein Kinase. AMPK
http://web.indstate.edu/thcme/mwking/ampk.html

The Medical Biochemistry Page
http://web.indstate.edu/thcme/mwking/home.html

Insulin and Glut4
http://research.imb.uq.edu.au/~l.rathbone/glut4/

AAAファミリーたんぱく質
http://mukb.medic.kumamoto-u.ac.jp/AAA/aaainfo.html

病原真菌のABCトランスポーター
http://www.jsmm.org/common/jjmm46-4_249.pdf

シアリダーゼとインスリンシグナリング
http://glycoforum.gr.jp/science/word/glycopathology/GD-B02J.html

2型糖尿病とガングリオシドGM3
http://glycoforum.gr.jp/science/word/glycopathology/GD-B03J.html

Glycoforum
http://glycoforum.gr.jp/indexJ.html
[PR]
by tnomura9 | 2006-08-27 16:01 | リンク | Comments(0)