「ほっ」と。キャンペーン

教育基本法

フィンランドでは、教育費は鉛筆から消しゴムにいたるまで無料だそうだ。教育費をとらないのではなく「とってはいけない。」そうなのである。

習熟度別クラス編成は廃止され、「様々な個性の生徒集団」を同じ教室で教えている。授業に参加しない子供がいても、ひどく叱られる事はない。先生は子供の特性に応じて、最も効果的な方法をとる。

他人と点数を比較するようなテストはなく、成績はあくまでも個人の習熟度に対してつけられる。また、個人の知識を増やすだけの教育を目指すのではなく、問題を解決する能力を育てる。それも、他とのコミュニケーションや共同作業をつうじて、個人の能力も伸ばしていくのである。

知識は中立のものではなく、ただひとつというものでもなく、しかも、社会的な脈絡の中で作られるものだという「社会構成主義」の考え方だ。個性は尊重され、しかも、他の個性との調和を図りながら、問題解決の能力が育てられていく。

こんなうそのような教育がフィンランドでは行われ、OECDの学習到達度テストで世界一の成績を納めているのである。フィンランドの教育関係者がしばしば語る言葉は、「教育というボートに乗った子どもは一人たりともボートから落とせない。」というものだそうだ。

福田誠治著、『競争しなくても世界一 フィンランドの教育』を読むと、フィンランドの教育法に触れた日本の教育現場の衝撃と日本の教育を変えていきたいという情熱が感じられる。

騒がれている教育基本法の改正のニュースを聞くと、愛国心ばかりが報道され、世界の教育の進歩がどのようなものか、日本の教育をどうすればよりよいものにすることができるのだろうかという現場サイドの話が全く見えてこない。有識者による教育審議会というものの実力を疑いたくなってしまう。高度に専門性の必要な教育という分野に、知識も経験もない素人が思いつきで発言しているようにしか見えないのである。

行政は現場の実態や意欲を無視して、机上の空論を現場に押し付けるのではなく、むしろ、日本の教育を、子どもたちをよりよく育てることのできるものに変えていきたいという、現場の情熱を援助する立場に立つ必要がある。

子供たちから夢を奪い、大量の自殺者や、不登校や、ニートを作り出す今の教育制度は、市民フォーラムでやらせの質問を仕組む文部科学省を含めてシステム疲労の状態にある。自立的に学習する子供を育てることや、親の経済状況に関係なく能力に応じて高度な教育をうける機会を平等に与えることは、強要された見せ掛けの愛国心より、ずっと国の安全保障に繋がるのではないだろうか。
[PR]
by tnomura9 | 2006-11-13 23:10 | 話のネタ | Comments(0)
<< フォスファチジルイノシトール 思考力の二つの要素 >>