百足塚古墳

宮崎県の新田原古墳群の百足塚古墳から、宮崎県では珍しい形象埴輪が出土したというので探してみたら、ぶっ飛んだ。

新富町総合交流センター「きらり」で百足塚古墳出土埴輪の展示

胸も露わな巫女がスカートをめくって裾を見せている、天鈿女命(あめのうずめのみこと)を思わせるショッキングな埴輪だ。また、百足塚古墳から出土した形象埴輪が今城塚古墳のものと類似しているというので調べてみた。

今城塚古墳

継体天皇の陵墓ともいわれる大阪市高槻市の大規模な前方後円墳だ。なにより、埴輪祭祀場の大規模な埴輪の展示が圧倒的だ。古代の祭祀の様子を活写している。

今城塚古墳を見た人が、百足塚古墳を作ったのかもしれないが、巫女の埴輪一体の自由奔放さが今城塚古墳の壮大な埴輪劇に十分対抗できているように思えた。

これらの埴輪の素朴な造形にも関わらず、見ているとなぜか浮き浮きと気持ちが高まるのはなぜだろう。



[PR]
by tnomura9 | 2017-05-09 19:11 | 話のネタ | Comments(0)
<< 弥生ミュージアム 邪馬台国宮崎説の記事リスト >>