天孫降臨

邇邇藝命は高天原から筑紫の日向の高千穂の久士布流多気(くじふるたけ)に天降ったと言われている。いわゆる天孫降臨だ。

この時邇邇藝命は「この地は韓国(からくに)に向かい、笠沙(かささ)の岬まで真の道が通じていて、朝日のよく射す国、夕日のよく照る国である。それで、ここはとても良い土地である」(「此地者 向韓國 有真之道通笠紗之御前 又此地者 朝日之直刺國 夕日之日照國也 故 此地甚吉地也」『古事記』)と言ったと古事記には書いてある。

この高千穂が高千穂町であるとすると、笠沙の岬は延岡市の愛宕山に比定できる。愛宕山は邇邇藝命が木花咲耶姫と出会った場所とされている。しかし重要なのは韓國(かんこく)に通じているという言葉だ。邇邇藝命の旅立ちの起点が北九州であることを示唆する言葉だ。邇邇藝命が宮崎に邪馬台国を開いのだとすると、邪馬台国がなぜ伊都国との外交を重視していたのかが分かる。

宮崎の邪馬台国は、魏志倭人伝の記述からは海の民の影響が強いことを示しているが、支配者のルーツは北九州なのかもしれない。しかし、邇邇藝命が邪馬台国の開祖者であれば、天照大神は卑弥呼ではありえないことになる。

宮崎県には天孫降臨の場所の候補としてこの高千穂町とは別に霧島連峰の高千穂の峰がある。しかし、これは邪馬台国が宮崎平野に進出した後、天孫降臨の場所を高千穂の峰に変更したのではないかとも考えられる。

日本書紀には邇邇藝命が崩御したとき筑紫(つくし)の日向(ひむか)の可愛之山(えのやま)の陵(みささぎ)に葬られたという記述がある。延岡市の可愛岳には古墳があり宮内庁の参考地に指定されている。西郷隆盛が軍を解散した地としても有名だ。

魏志倭人伝の邪馬台国が宮崎平野にあったとすると、もともとあった海の民の部族を北九州の勢力が征服統治したということではなかったのだろうか。


[PR]
by tnomura9 | 2017-05-05 22:58 | 話のネタ | Comments(0)
<< 九州王朝説 花弁状住居 >>