生目古墳群

宮崎県の古墳群というと、西都市の西都原古墳群が有名だが、宮崎市内には生目古墳群がある。これは古墳時代早期では九州最大の首長墓群だ。

魏志倭人伝には「南に水行10日と陸行1月で女王の都のある邪馬台国に至る。官に伊支馬(いきま)、弥馬升(みましょう)、弥馬獲支(みまかくき)、奴佳鞮(なかてい)があり、推計7万余戸。」という記述があり、伊支馬という記述が生目という地名と対応しているように見えて興味深い。

[PR]
by tnomura9 | 2017-05-05 02:14 | 話のネタ | Comments(0)
<< 花弁状住居 銅鐸と邪馬台国 >>