超常現象の謎解き

退屈なので携帯をいじっていたら次のサイトに出会った。


世に超常現象と騒がれている現象について調査して謎解きをしているサイトだ。この中で超古代・オーパーツについての一連の記事が面白かった。エーリッヒ・フォン・デニケンの『神々への帰還』を興奮して読んだ者にとっては寂しい限りだが、きっちりと謎解きがされている。現代文明を凌ぐ超古代文明があったのならどこかで古代の機械や建物の残骸が発掘されても良さそうだがどうしてないのだろうと思うこともあったので、納得できた。

パレンケ遺跡の碑文のピラミッドの地下に水路が見つかったり、テオティワカンのピラミッドの下に地下道があり多量の水銀が見つかったりなど、古代のロマンには事欠かないが、超古代文明は見つかっていない。

ただ、アトランチスについては、スベイン南部のアンダルシア地方のドニャーナ国立公園にあるのではないかという説に注目している。都市が三角州に作られていたこと、アトラスの柱(ジブラルタル海峡)の向こうにあったこと、タルシッシュ(タルテッソス)という青銅と造船で有名な古代都市が聖書にも記述されていることなどと符合するので発掘を楽しみにしている。それでも、宇宙船やレーザー兵器を作ったりするような超古代文明ではなさそうだが。

タルテッソスには未解読のタルテッソス文字があるが、これがアイルランドのケルト語ではないかという説がある。遺伝子解析でアイルランドの人のDNAとスペイン南部の人のDNAが近縁であるらしい。イギリスは錫の島と呼ばれており、タルテッソスはそこに産する錫を独占的に扱っていたらしいのであり得る話だ。タルテッソス文字がケルト語として解読されたら面白いだろう。

[PR]
by tnomura9 | 2017-02-09 00:24 | 話のネタ | Comments(0)
<< エクソソーム (exosome) 20トンの石の柱を一人で立てた男 >>