20トンの石の柱を一人で立てた男

イギリスの古代遺跡ストーンヘンジでは最大50トンもの石の柱が立てられているが、どうやってそのような大きな石を垂直に立てることができたのか謎だとされている。宇宙人が反重力で手伝ったのだという説を唱える人もいるが...

ところが米国のミシガン州の男性が、たった一人で20トンもの石柱を垂直に立ててしまったという youtube の動画を見つけた。次のリンクがそれだ。


20トンの石を持ち上げるのに、シーソーのように両端においた重りで交互に石を傾けながら空いた隙間に木片を差し込むというやり方を使っていた。種明かしをすればなんだと言うことになるが、何百年も謎とされていたのだ。

頭の中でいろいろ難しく考えるよりは、手足を使って実験してみるほうが数段いいのが分かる。

追記

Wally Wallington という人だそうだ。次のビデオでも自在に巨石を動かしているのを見ることができる。

the forgotten technology

また、石の加工はシンプルな道具で十分できる。

How to Cut and Shape Stones
Cutting Stone At The Deer Isle Hotel

これを見ると、ピラミッドも十分人力で作れるのだろうという気がする。


[PR]
by tnomura9 | 2017-02-04 08:03 | 話のネタ | Comments(0)
<< 超常現象の謎解き オブジェクトモデルと無限集合 >>