水素化ホウ素ナトリウム

一昨日の日曜朝のTV番組をみていたら、水素エネルギーを水素化ホウ素ナトリウムに蓄える方法の研究を紹介していた。水素化ホウ素ナトリウムは比較的安定な粉状の物質で常温で保存ができ、爆発もしない。ところがこれに水を掛けると何もしないでも盛んに水素を発生する。また、水素を発生したあとの化合物も水素化することで永久的に再利用できるらしい。

この性質は燃料電池の開発会社も注目していたようでいろいろやってみたが実用化しなかったそうだ。それは、この粉を溶液の形で液体燃料として使用しようとしたためだ。溶液にすることで重量あたりのエネルギー発生量が不足したそうだ。

ところが、TVの記事では水素化ホウ素ナトリウムを粉末のままリアクターで水と反応させて水素を取り出す方式を紹介していた。水素を放出した化合物は連続的に遠心分離して除去するらしい。すでに電気自動車に車載して動かせる状態にまでなっているところを写していた。この方法だと車載する燃料の重量あたりのエネルギー密度も化石燃料に匹敵するらしい。

興味が湧いてきたので調べてみたら次のような文書がひっかかってきた。

水素エネルギー創造型燃料電池システムおよびユビキタス水素エネルギー供給システムの開発

これを読むとかなり実用化に近い感じだ。太陽光発電の電力を送電線の容量の関係で電力会社が買い取らないという事態が起きているが、太陽光発電の発電所で水素化ホウ素ナトリウムを製造して給電施設に運びそこで燃料電池を使って発電するという方法もとれるのではないだろうか。また、自然エネルギーによる発電量のばらつきの問題も電力を水素化ホウ素ナトリウムに変えて貯蔵することで解決する。

ホウ素はホウ砂として大量に存在しているので資源的にも問題ないし再利用もできる。思いもよらないところからエネルギー問題の解決法が見つかったのではないだろうか。

追記

水素化ホウ素ナトリウムの安価な製造法の研究も始まっているようだ。

ボロハイドライドの新しい製造法

太陽光発電とカップリングするには、太陽光発電の電気で水を電気分解してH2を取り出し、それをホウ砂やNaBO2と混ぜて過熱することでNaBH4を製造するということになるのだろうか。
[PR]
by tnomura9 | 2014-10-28 08:21 | 話のネタ | Comments(0)
<< モナドと自然変換の水平合成 モノイド対象 >>