IT断食

「やっぱりな」という記事を見かけたので引用しておく。(元記事

「AERA」2月3日号では、ソフトウェア企業のドリーム・アーツが実施している「IT断食」を紹介している。この会社では、会議へのパソコン・スマホの持ち込みや、プレゼンソフトのパワーポイントの使用、CCメール(写しメール)の送信を禁止している。

2013年には社内の猛反対を押して、営業部からパソコンを取り上げ、企画書や見積書作成などの業務は、別の支援部門が担当することにした。

同社のウェブサイトによると、現在営業部はパソコンの代わりにタブレットPC(iPad)を持って外回りをしている。パソコンよりも素早く電源を立ち上げることができるので、移動中にメールチェックをすることもできる。

さらに、資料をクラウド上に保存しておけば、訪問先でもパソコンを使う必要がない、というわけだ。パソコン撤去後の半年間で、営業部の訪問件数は40件から250件に増加。売上見込みも3倍以上になる成果が出たという。


あえてITを使わないというのも仕事の合理化のひとつかもしれない。製品を売るという目的を考えたときには常識と考えられていることも疑う必要がある事を示している。それと、製品を売る事の大切さを。

ブラジルのセムラー社では販売部門と製造部門の人員がチームを作っており、意思決定は顔と顔を合わせて行うミーティングで行われる。その際、口頭ですむ用事は極力文書を作らないようにしているとのことだ。情報を文書化するときの文書化できにくい情報が抜け落ちたり、文書を作ったり読んだりする無駄な時間が発生したりするのを防ぐためだ。

現場で発生したクレームはすぐに製造部門に届くので素早い対処ができる。これも、ユーザーの意見に的確な対応をするという製品を売るための最適化のひとつだろう。

ソニーのパソコンを例に挙げて悪いが、カーソルキーが右のシフトキーに並んでいたため打ち間違いが多かった。これについての不満が多くネットの記事にも見られていたのに、何年も放置されていた。売れない理由は価格のせいだけではない。

販売力の強化などとスローガンを掲げるより、製品を売るためには本当に何をしないといけないのかを真剣に考える必要がある。
[PR]
by tnomura9 | 2014-02-11 04:02 | 話のネタ | Comments(0)
<< smart construct... smart construct... >>