江蘇省の財政破綻

7月25日付けのロイター日本語版のウェブの記事によると、中国江蘇省の財政状態が非常に悪いらしい。原因は、造船、太陽光発電パネルなどの過剰生産による不振で、税収が激減して地方政府の負債が膨らんでいる。中央政府の投資依存への規制の方針の打撃を、江蘇省の財政は最も受けやすい体質だ。

江蘇省域内のGDPはトルコを抜き世界の上位20カ国に食い込み、人口は7900万人と大半の欧州諸国を上回る。これが、財政破綻をしたら中国全体にも大きな影響があるだろう。

不気味なのは、ロイターのような欧米の報道機関が、この事実を取り上げ始めたという事だ。破綻説のあった7月はもう終わろうとしているが、予断をゆるさない。
[PR]
by tnomura9 | 2013-07-29 07:38 | 話のネタ | Comments(0)
<< 中国マネー引き上げの影響 圏論の言葉 その2 >>