「ほっ」と。キャンペーン

中国:PMI の一部データ公表停止

7月5日の Bloomperg.co.jp の記事によると、中国が特定業界の月刊の PMI (製造業購買担当者景気指数) のデータの公表を停止したそうだ。特定業界のなかには鉄鋼業が含まれる。

経済の専門家ではないので分からないが、鉄鋼業の製造販売がふるわないという事は、鉄を素材とする建設業やその他の製造業の景気が良くない事を示しているのではないだろうか。中国の実体経済の冷え込みは公表よりかなり悪いのではないかと思われる。

しかし、中国の経済破綻は日本にとっても対岸の火事では済まされないだろう。上海総合が下がっているとはいっても今月にも中国の金融危機が始まるとは言えないだろうが、もし、それが本当に起きたら、いずれ、自分たちの生活にも関わってくるかもしれない。

現在進行中の新疆ウイグル地区の動乱を見ても、中国共産党の強圧的な政治手法はいずれ、治安の上でも経済的にも維持不能になっていく可能性が高いが、北朝鮮の政権がなかなか破綻しないのをみても、内部的な矛盾が独裁政権の破綻につながるのには時間がかかるだろう。その間に中国が日本に戦争を仕掛けきて日本が大きな被害を被る可能性は否定できない。中国の経済事情が悪いからといって、脳天気に安心する事はできないのだ。

一連の尖閣問題については、海上保安庁の巡視船に漁船が衝突した事を含めて中国のシナリオに従って動いているようにも見える。

中国の動向が自分たちの日常の生活にどう関わってくるのかは予想もつかないが、生活防衛のための心準備くらいは必要なのではないだろうか。
[PR]
by tnomura9 | 2013-07-06 02:24 | 話のネタ | Comments(0)
<< Haskell/Continu... BABYMETAL >>