イニシエーション・ラブ

『イニシエーション・ラブ』 乾くるみ著 を読んだ。

恋愛小説なのかと思ったら、推理小説だった。

本の帯にもそう書いてあったし、指示通り順番どおりに読んで最後に「最後の2行」を読んだのに、最初、それが推理小説だったという意味がわからなかった。

悔しい ...

ええ、ええ、ちゃんと二回読みましたとも。
[PR]
by tnomura9 | 2013-03-28 09:06 | 話のネタ | Comments(0)
<< 北朝鮮の臨戦態勢 局所的最適化と大域的最適化 >>