「ほっ」と。キャンペーン

日本の直接投資は既に中国からASEANに移行している

経済の事は門外漢なのでよく分からないが、次の記事を読むと、今度の尖閣問題の前に既に日本企業は直接投資を中国からASEANに移行していたのがわかる。

日本の対外投資、09年から中国よりASEAN6ヶ国がメインに

反日教育で洗脳されている中国より、親日的なASEANに投資を移行したほうが日本の企業にとってもメリットが多いだろう。また、市場としての魅力も富裕層に税金をかけることすらままならない中国では購買力の上昇はたかが知れている。そのうちに、搾取された国民の怒りが共産党に向けられ、政治的な混乱が起きたら、ただ人口が多いだけの国に市場としての魅力があるとも思えない。

そういうふうにあっさりと割り切ることは危険だろうが、中国が軍事的にも経済的にも圧倒的な力で日本を屈服させるというような可能性は随分と低いような気がしてきた。

中国政府の感情的な恫喝に対して、冷静に大人の振る舞いで防衛や経済的な対策を打っていけば、待てば待つほど、問題は自然に解決に向かうだろう。日本が右傾化する必要は全くない。自然に振る舞えば、相手は自滅してしまうだろう。中国国民の本当の敵は中国政府の失政なのだから。
[PR]
by tnomura9 | 2012-11-01 19:18 | 話のネタ | Comments(0)
<< 近未来型鉄工所 山本精工 アスタコNEO >>