「ほっ」と。キャンペーン

新唐人テレビ日本

新唐人テレビ日本』というニュースサイトがおもしろい。

尖閣以前には興味もなかったのだが。中国共産党の暴力的な体質と、油断のならない隣人であることが分かる。「日本も核武装しなければならない」などという短絡的な議論ではなく、通常戦力や外交や経済を通じて不測の事態に対して準備をしなくてはならない。

また、このサイトから辿れる次の番組を見ると、中国の環境破壊の凄まじさがわかる。

新唐人日本スペシャル 二面性を持つ中国はどこへ・危機(上)1/2
新唐人日本スペシャル 二面性を持つ中国はどこへ・危機(上)2/2

製作者の政治的立場やソースはよくわからないが、本当だとするとすでに中国政府が環境破壊に対処できなくなっているように見える。

尖閣問題などで戦争してほしくはないが、中国政府の行動パターンがこのようなものであれば、突発的な事故で戦争になる可能性は高いだろう。危険があれば対策は当然考えておかなければならない。

しかし、石原知事のようにこちらから戦争を仕掛けるなどとんでもない話だ。
[PR]
by tnomura9 | 2012-10-21 06:35 | 話のネタ | Comments(0)
<< 欧米で強まる「富裕層課税」 背... 中国が直面する成長をめぐる難しい選択 >>