「ほっ」と。キャンペーン

2013年に中国の経済崩壊か

中国の体制側の経済学者がついに、2013年7月に中国の経済は崩壊すると予測したレポートを作成していたのがネットに流出した。

政府系学者「2013年中国経済危機勃発」

党大会を前の意図的なリークかも知れないが、中国にもきちんと現実を見ることのできる人はいるのだ。腐敗だらけの共産党や中国の官僚にこの未曽有の危機を乗り切れる能力があるとは思えない。モラルハザードの最大の特徴は、有能な人材が然るべき場所にいなくなるということだ。

清のような超大国が滅んだのと同じメカニズムだ。

共産党幹部の資産の海外移転が盛んなのはこのレポートのせいなのだろうか。中国全体が政治的に崩壊した場合、中国共産党の幹部は海外へ脱出しないと生きていけないだろう。そうだとすれば、中国共産党の「愛国心」はどこにあるのだろうか。

中国の経済が崩壊したら、日本も無傷ではいられないだろう。中国崩壊の津波に対し、準備しておかなければならない。


参考サイト
中国経済の現実は蜃気楼と同じだ!!
【韓国経済は張りぼて】 『韓国人は奴隷と同じだ!?』

日本もこうならないようにしなければならない。中国も韓国も政策的な反日教育で本当の敵が見えなくなっているようだ。
[PR]
by tnomura9 | 2012-10-19 07:09 | 話のネタ | Comments(0)
<< 中国が直面する成長をめぐる難しい選択 戦争のコスト >>