「ほっ」と。キャンペーン

Perfume

Perfume という女の子3人の音楽グループが最近人気らしい。

数年前に公共広告機構のリサイクルのキャンペーンのプロモーションビデオに使われていたくらいは知っていた。そのときは、歌い手の声を電子処理して不思議な雰囲気を醸し出しているな位の興味しかなかった。ライブもやっているとのことだが、リップシンクでダンスを見せるのだろうが難しいのではないかと考えていた。音楽も旋律の繰り返しが多く、歌詞も聞き取れない。変わった曲だ位の印象しかなかった。

ところが、最近Youtubeを見ていると、やたらとこのグループのプロモーションビデオが目に付くようになった。

管理人はあまり音楽の趣味がないので、最初に気になったのは、そのプロモーションビデオの質の良さだった。カットや、CGや色彩のバランスが他のプロモーションビデオとは一線を画す新鮮さと切れのよさを感じさせた。

また、少女たちの踊りの振り付けが、なんともユニークだった。ロボティックダンスなのだが、手の動きが東洋的で、きめのポーズの体の線もエロチックというより少女らしい清潔さを感じさせる。ロボットダンスの無機質さと大人と子供の中間の少女の動きとが組み合わさった今までにない動きに見えた。

それに、少女たちの動きがシャープで、三人の動きがぴったりとそろっている。複雑な動きなのに、足元を見ると丈の高いハイヒールではないか。格好良かった。

これが、繰り返しの多い不思議な楽曲によってまとめられて、今までに見たことの無い音楽シーンを作っている。

いろいろな才能がうまくまとまっているなと驚いた。

興味が出てきたので、このグループの3人が出演するテレビのトーク番組のビデオなどをネットであさっていたら、かみさんに、「あんた、Perfumeのファンなんじゃない?」と言われたので恥ずかしくなって、ファンになるのはやめたが、面白かった。
[PR]
by tnomura9 | 2011-04-12 06:51 | 話のネタ | Comments(0)
<< 福島原発がレベル7 Q アンド A マーキング >>