「ほっ」と。キャンペーン

骨折

熊のチンコには骨があるそうだ。人間のチンコには骨がない。

勃起したときは海綿体という静脈に血液がパンパンに溜まって大きくなる。静脈だけだとどんどん膨れていくので、結合組織という硬い線維が静脈の外側を覆っており、膨れすぎを防ぐと共に硬さを保っている。

ところが十分勃起して硬くなっていると、人間の骨なしチンコでも折れることがある。結合組織が断裂してしまうのだ。そうなるとチンコは直径が握りこぶし大に膨らんでしまう。手術して結合組織を縫ってやらないと大変なことになるそうだ。

チンコが骨折した友人を見舞いに行くときは何と言うんだろう。

「やあ、具合はどう?」
「ありがとう、腫れも減って、痛みも治まったよ。」
「たいへんだったね。でも、どうして折れてしまったの?」

とは言えないなあ。
[PR]
by tnomura9 | 2005-07-09 21:27 | 話のネタ | Comments(0)
<< 昆虫の脳 脳の科学のリンク集 >>