「ほっ」と。キャンペーン

レアアース禁輸

中国のレアアース禁輸が解除されたらしい。

ニュースで尖閣諸島問題に関して中国のレアアースの禁輸措置が取られたという報道を聞いたときは、「やっぱり」という感想だった。以前に、レアアースの輸入の90%を中国に依存していると聞いたときは、レアアースの取引が戦略的な武器として使われるのではないかと危惧していたが、やはり、中国はそういう使い方をしてきた。

レアアースの禁輸は、中国の外交のスタイルから考えても十分あり得ることだし、企業はそれに対するリスク管理をしておくべきだったのではないかと思ったら、リスク管理は実際にできていた。日本企業は既に2年分くらいの備蓄があり、1,2年で中国以外の国からレアアースの採掘ができるよう権利の取得にも務めていたようだ。

また、レアアースを使わない高出力の電気モーターも既に数種類の方式で開発されているという。実用化も1,2年で可能らしい。また、レアアースを使わないため、コストがかなり低くなるということだ。さらに、肝腎の強磁性の磁石にしても、窒素を利用することで全くレアアースを使用しないものも開発されつつある。日本企業のリスク管理も大したものだと感心した。

話は変わるが、中国漁船の船長が処分保留のまま釈放された件について批判されているようだが、見方を変えるとあれは非常に高度な外交判断だったのではないかと思う。

船長は無条件解放されたわけではなく、処分保留なので無罪というわけではない。尖閣諸島が日本の領土であることについては全く譲歩していない。さらに、中国は首相自ら日本の領海を犯し海上保安庁の艦船にわざと衝突してきた船長の解放を強要したのに対し、日本では船長釈放は一地方検事の判断で国内法に基づいて行われており、外交問題としてすら扱われていない。

また、船長を釈放したことで、日本は外交手段として人質をとるようなことはしないことを世界に印象づけることができた。自らの国内の事業に招聘した4人の日本企業の社員を逮捕している中国とは対照的だ。

自民党が政府の外交姿勢に対して対決する姿勢を示しているが、その程度の外交感覚しかないとしたら、自民党が再び政権に返り咲くことは当分無いだろう。今の日本の安全保障で最も急務なのは中国外交ではなく、円高と産業の空洞化対策だと思う。中国外交について言えば、今回の経緯は明らかに中国の勇み足であり、日本が大人として中国の面対も考えて対応していれば自然に治まるものではないのだろうか。

中国船の船長の釈放によって、中国の強圧的な外交手法を世界に印象づけ、対中国の経済交流についてのリスク管理を徹底していけば、ことさらに強硬な外交姿勢をとるよりも遥かに有効にこの問題を解決できると思う。

同様の紛争が起きたときは、粛々と国内法で対処するべきだ。また、メディアなどを通じて紛争の経緯を透明にし中国の対応を世界に広報することが大切だ。また、尖閣諸島に以前は200人の日本人が居住していたこと、中華民国の船が難破したとき島民が救助活動を行ったことに対する中華民国からの感謝状が存在すること、中国が領有権を主張し始めたのはそれよりさらに下って海底ガス田が発見された後だったことなどを広く世界に広報していくと良い。武力ではなく道理に訴えることが大切だ。

今回の尖閣諸島問題の対応を見ていると、日本の企業も外交のエキスパートたちもなかなかの実力を示しているように思われる。心配なのは、こういう人たちに続く若者の育成が出来ているかということだ。

若者のマニュアル人間化を大人は嘆いているが、そのような子供たちを育てたのは大人たちなのだ。直接的には最高学府の大学の入学試験がそのような子供を合格させるシステムになっていることが最も大きな問題なのだ。日本の安全保障を考えたとき、最も急務なのは大学の入学試験の改革と大学が育て上げる人間像についての吟味なのではないだろうか。

第2次世界大戦で日本が負けたのは、明らかに最高位の指揮官たちの無能のせいだ。しかし、それはそのような無能な指揮官を育て上げる日本の教育や行政のシステムに問題があったとしか考えられない。日本の安全保障に必要なのは、強硬な外交姿勢ではなく、真に有能で人格的にも尊敬できる信頼のおける次の世代の若者を育て上げることではないのだろうか。
[PR]
by tnomura9 | 2010-09-30 07:05 | 話のネタ | Comments(0)
<< 尖閣諸島問題 1日食塩摂取量 >>