「ほっ」と。キャンペーン

『HTML5, きちんと』

HTML5を概観したスライドを見つけた。

HTML5, きちんと

HTML5 は、HTMLをXMLするのではなく、HTMLを高機能にしてWebアプリケーションを記述しやすくするのが目的らしい。学問的に厳密性を求めると結局XHTMLのように実用的ではなくなるのではないだろうか。

HTML5の現状はまだ混とんとしているようだが、ブラウザーで対応しているのなら積極的に利用されていくのだろう。近頃の iPad フィーバーを見ていると、HTML5 も普及していくのだろう。

個人的には、自分で使う簡単なツールがHTML5でほいほい作れるようなら魅力を感じる。HTMLが普及したのも初心者でも簡単なページは作れる(ように思える)からだ。簡単なプログラムを簡単に書けるプログラム言語は魅力的だ。しかも、自分で作ったプログラムを自分のサイトでアップできるならとても魅力的だ。
[PR]
by tnomura9 | 2010-04-08 13:37 | 話のネタ | Comments(0)
<< 『貧相ですが、何か?』を読んだ HTML5 >>