Haskell あれこれ 普通のプログラム

Haskell では普通の(手続き型の)プログラムも書くことができる。普通のプログラムを書くときは、IO モナドの世界でプログラムする。IOモナドがどうこうといい始めるとまた難しくなるので、普通のプログラムの例を示すだけにする。

main = do cs <- getLine
          if cs == "quit"
            then
              return ()
            else
              do putStrLn cs
                 do main

実行例
Main> :e ordinary.hs
Main> :l ordinary.hs
Main> main
hello
hello
world
world
quit

Main>

IO モナドや do 関数の意味はネットや本を見ると説明してあるので説明を省くが、この記事では、Haskell は普通の手続き型のプログラムだってすいすい書けることを示したかった。

何度も言うが、Haskell は使うと簡単だが、勉強するとひどく難しくなる。しかし、しばらく使ってみた後でもう一度本を読んでみると書いてあることの意味がよく分かるようになっているのに気づく。
[PR]
by tnomura9 | 2009-08-21 22:15 | Haskell | Comments(0)
<< まとめ Haskel あれこれ 型 >>